SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

梨子「彼女と楽園に堕ちた日」

1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 19:48:37.14 ID:BDYEwVFL.net


ルビィ『久しぶりだねえ花丸ちゃん!』


花丸『うんっ!!』

ルビィ『えへへ……どうだった? お仕事平気?』


花丸『つ、辛い……機械が……パソコンが』

ルビィ『あはは……』


花丸『それにしても楽しみだな……久しぶりにみんなで集まれるんだもん』


ルビィ『最後に集まったのはいつだったっけ?』


花丸『うーん……一年前くらいかな?』

ルビィ『そんなに前だったっけ』

花丸『みんな忙しいからね』

ルビィ『千歌ちゃん達は……梨子ちゃんのところに行ってるの?』

花丸『東京だって、好きだね千歌ちゃんも』

ルビィ『おねえちゃんと果南さんも鞠莉ちゃんのこと空港まで迎えに東京行ったし、旅行も兼ねてだけど』

花丸『……私たちは梨子ちゃんのところには行けないし、じゃあさ』

ルビィ『うん』

 
花丸『――一足早く、善子ちゃんの所に行こうか』




2: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 19:49:56.28 ID:BDYEwVFL.net


◇――――◇


梨子「暑くなってきたからね、気をつけないとだめだよ」


善子「平気よっ!」

梨子「平気じゃないからふらふらしてたんでしょ」

善子「あ、あれは……魔力を使い過ぎただけっ」

梨子「そっか」ナデナデ

梨子(……可愛いな)


善子「な、なによ子供扱いしてっ!」///

梨子「子供扱いなんてしてないよ」


善子(と、というか……ふたりきりに、なれた……)


梨子(……)

善子(べ、別に普通だし……なに考えてるんだろ……)


梨子「はいこれ、私が口つけたのでよければ」


善子「……え///」



4: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 19:52:14.17 ID:BDYEwVFL.net


善子「じ、じゃあいただくわ///」

梨子「///」

善子「ごく……」

梨子「それ飲んだら、みんなのところに戻ろうね」

善子「言われなくてもわかってるってば」

梨子「そっか、そうだよね」

善子「ね、ねえ……」


梨子「?」

 
善子「また今度……ふ、ふたりで、遊びに……行かない?」


梨子「え?」

梨子「う、うん……いいけど///」

善子「ほ、ほんと?」


梨子「うん、どこに行こっか」


善子「そうねえ」ワクワクッ…



6: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 19:54:48.49 ID:BDYEwVFL.net


◇――――◇


 好きな人から、ふたりきりで遊びに行こう、と誘われる。

 こんなに幸せなことって、あるのかな。こんなことがあったら、普通の女子高生なら、周りの友達に相談したりして……脈ナシだとかアリだとか、あなたは最近どうなの、とか……色んな話をするんだと思う。

 私だって、普通だったら……千歌ちゃんとか曜ちゃんとか……そういうのに詳しそうな鞠莉さんとか、相談できる相手はいるはずなのに。

 
 私は、自分が普通じゃないってことを知っている。私の恋愛対象は、小さな頃から女の子で……それでも周りには、好きでもない男の子の名前を出したりしていた。

 
 それがどれだけ辛くて……虚しいことかを知ってからは、好きな人はいないって言い続けてきた。今だって、そう。

 自分のためだけじゃないの、相手にも、迷惑がかかってしまうんだもん。だから、私はこの気持ちを絶対に……表に出すわけにはいかない。


 お姉ちゃんみたいって、慕ってくれる、女の子のことを……傷つけないために。私も、恋愛感情なんかじゃなくて、妹みたいって思わなければならない。


 どうして――善子ちゃんのことを好きになっちゃった、のかな。


 最初は変な子だなって、思ってたけど……根はかなり真面目で、可愛くて……なぜだか私にくっついてきて……。そうだね、自然にって言うのが一番正しいかもしれないね。普通すぎて、つまらない、けど。



続きを読む