サターニャ父「執事!ディナーの用意を!」サターニャ弟「いやいや、うちに執事なんて」マルティエル「はい」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:13:48.306 ID:IR6A14gud.net

胡桃沢家

マルティエル「お待たせ致しました、ディナーのご用意です」

サターニャ父「うむ、ご苦労!」

サターニャ母「まぁ!美味しそうなディナー!」

サターニャ弟「......いやいや」

サターニャ弟「いやいやいやいや、こんな人知らないから、執事とか初耳だから」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:14:50.974 ID:IR6A14gud.net

マルティエル「初めましてお坊ちゃま、私は胡桃沢家執事のマルティエルと申します」

サターニャ弟「いやいや、父さん母さん、どうしたのこの人」

サターニャ父「ガハハ!面白い事を言うな息子よ!どう見ても執事だろう!」

サターニャ母「えぇ、まごうことなき執事よ!」

サターニャ弟「......いやいや、そうじゃなくて、なんでうちに執事がいるのさ......」



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:15:53.504 ID:IR6A14gud.net

サターニャ弟「......ごちそうさまでした」

マルティエル「お坊っちゃま、お風呂のご用意が出来ておりますが、いかがされますか?」

サターニャ弟「......入りますけど」

サターニャ父「ガハハ!なんだ息子よ、照れているのか?」

サターニャ母「サタニキアがいなくて寂しかったのでしょう?執事をお姉さんだと思って甘えてしまいなさい!」

サターニャ弟「いやいや、別に寂しくなんてないし、執事がお姉さんとか意味わかんないし」



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 21:17:29.455 ID:IR6A14gud.net

お風呂

サターニャ弟「......父さんも母さんも、何考えてるんだか」

マルティエル「お坊っちゃま」

サターニャ弟「!?」

マルティエル「お背中お流し致します」

サターニャ弟「いやいや!何で入って来てるの!?」

マルティエル「執事ですので」

サターニャ弟「いやいや!執事だからって、僕いま裸だし!」

マルティエル「私も裸ですが」

サターニャ弟「いやいや!」



続きを読む