ガヴリール「救いたくて、救われて」


1:か ◆aDRXZRX9R2 2017/03/19(日) 04:47:14.00 ID:hgrN9pe4o



ピンポーン

ガヴリール(ヴィーネか)

ガヴリール「開いてまーす」

ガチャッ

ガヴリール「うーっすヴィー......」

男「......」ハァハァ

ガヴリール「はっ!? だr」ガバッ

ガヴリール「んぐっ! んっ!」ジタバタ

ガヴリール(なんだこのオッサンっ)

ガヴリール(口ふさがれたし、力強っ!)

ガヴリール(これマジでヤバイ奴じゃん!)


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 04:47:39.87 ID:hgrN9pe4o

ガチャッ
男「......」グイッグイッ
テクテク
ガヴリール(脱がされる!)ジタバタ
ハッ
男「......」ハァハァ
コトッ
ガヴリール(助けっ)
ゴスッ
男「がっ」バタン
ガッ
ゴスッ
ゴッ

3:か ◆aDRXZRX9R2 2017/03/19(日) 04:48:13.64 ID:hgrN9pe4o

ガヴリール「? 助かった?」

ヴィーネ「ガヴ! 大丈夫!?」

ガヴリール「ヴィーネ! いや、マジでありがとう、助かった」

ヴィーネ「良かった......間に合って」

ガヴリール「えっと、そのさ......」

ヴィーネ「うん......」

ヴィーネ「わかってる」

4:か ◆aDRXZRX9R2 2017/03/19(日) 04:48:40.83 ID:hgrN9pe4o

ヴィーネは襲われた私を助けてくれた。
きっとヴィーネも慌てていたのだろう。
当然だ、ヴィーネは優しいから。
だから、ヴィーネは加減を誤った。

ガヴリール「これ、どうしようか......」

ヴィーネ「やっぱり、死んでるんだよね......」

ヴィーネと私の間には私を襲おうとした男が頭から血を流して倒れている。
息を吹き返す様子はない。
見よう見まねで脈拍をはかってみたが案の定脈は止まっていた。

ガヴリール「どうしようか......」

ヴィーネ「......正直に自首するよ」

ガヴリール「はあ!? お前それでも悪魔か!」

続きを読む