SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

女神「魔王討伐のために聖器を授けましょう」

2017年03月19日

転載元:



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 05:13:26.13 ID:X6yHOnZk0


勇者「え?性器?」



























2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 05:13:48.14 ID:X6yHOnZk0


女神「はい、聖器です。これだけがかの魔王を倒せる唯一の手段なのです」

勇者「マジかぁ……そんなそんな物で倒せたんですか……」

女神「そんな物とは失礼ですね……」

勇者「す、すみません」

女神「いいでしょう。では勇者よ、前へ」

勇者「はい」

女神「あなたに私の聖器を授けます。この世界の命運はあなたの手に……」

勇者「え?女神さまのを下さるんですか!?いや、そんな悪いなぁ……」

女神「はい、本来人間界への過度な干渉は避けるべきなのですが……やむを得ませんからね」

勇者「はっ!ありがたき幸せにございます!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 05:14:19.28 ID:X6yHOnZk0


女神「それでは勇者よ、この聖器で以て、魔王を刺し貫き、昇天させるのです!」

勇者「え!?」

女神「どうしたのです?さあ、早く我が前にて跪くのです」

勇者「……跪く……すると、私の顔がちょうど女神さまの腰の辺りに来るわけですね?」

女神「はい、当たり前でしょう。別に這いつくばれと言っているわけではありませんよ」

勇者「……ちなみにお伺いしますが、それはどの様なモノで?」

女神「どの様なとは?」

勇者「……それは太いですか?」

女神「え、ええ。当然太いですね」

勇者「もしかして固い?」

女神「もちろん、どんな時でも折れないほど硬いですよ」

勇者「大きくなったり小さくなったりします?」

女神「よく知っていますね。ええ、大きさも変幻自在ですよ。望むままに大きくできます」

勇者「…………黒い……とかは?」

女神「……ええ、多少は黒いですね。根本の部分など、特に」

勇者「マジかぁ…………」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 05:14:47.29 ID:X6yHOnZk0


女神「……先ほどから何なのですか?」

勇者「いえいえ……さすがは女神?さまですね。絶世の美女にしか見えませんよ」

女神「おべっかは結構です。ああ、そのままでは大変でしょうから(鞘で)包んでおきましたよ」

勇者「え?」

女神「はい?」

勇者「包む……もしかして……皮……ですか?」

女神「はい、皮ですね」

勇者「非常に失礼な質問で申し訳ないんですが……女神?さまってもしかして仮性ですか?

女神「……火星(マーズ・軍神の意)?いえ、神聖です」

勇者「真性ですかぁ…………」

女神「……何ですか、その顔は。私は神聖なる者として誇りを持っています!侮辱することは許しませんよ!」

勇者「す、すみません。別に文句があるというわけではありませんです、はい」

続きを読む

関連のSS

9pt
勇者(29)「何!?合コンだと!!!!???」男魔法使い(31)「ああ」男戦士(21)
15pt
俺「えっ!?俺のチ○コだけ異世界転生!?」
15pt
(自称)魔王「魔界を発展させたい」
13pt
【安価】(自称)魔王「魔界を発展させたい」【コンマ】
26pt
魔王「もう無理だ。勇者に勝てるわけないよ……」
15pt
【安価】勇者「国王を倒すしかないぞ」魔王「そうだ!」
18pt
勇者「国王を倒すしかないぞ」魔王「そうだ!」
20pt
女騎士「クッ...殺せ」男「くっくっく、恥辱の限りを尽くしてやるぜ」
13pt
女騎士「スライムは恐ろしい魔物なんだぞ」
33pt
魔王「来たか勇者」勇者「お、おにいちゃん・・・?」
188pt
勇者「全身呪いの装備で固めてしまった」
28pt
僧侶「最上級の回復呪文……!?」
35pt
勇者「とうとう辿り着いたぞ!」魔王「なんだこの幼女は」
15pt
魔王「商人が一番怖い」
23pt
魔王「世界征服より会社経営の方が儲からないか?」側近「御もっともです」
16pt
姫「白き衣をまとい聖剣を振るい月を操る勇者様の伝説」
27pt
大男「はっ、一回戦の相手はガキか。楽勝だな」 少年剣士「ば、バカにするな!」
57pt
勇者「幼馴染がすごくウザい件」
172pt
勇者「王様から貰った□リ淫魔とえっちしまくってたら魔王どうでも良くなってきた…」
134pt
王様「おお勇者よ!旅立ちにあたってお金と装備と、性欲処理用の口リ淫魔をそなたに授けよう!」