SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

勇者「みんな狂ってる」

1 ◆CItYBDS.l2:2017/03/14(火) 22:12:44.89 :0gaGGEw9o


勇者「みんな狂ってる」


勇者♂「みんな気を付けろ!魔物だ!」


戦士♀「ああああああああああああああああしねえええええええあああああ!」


戦士♀「しねしねしねしねえええええええええ!!!!!」


賢者♂「ふひゅあああ、あああああ」


賢者♂「もうだめだ!ああはあああ!いく!いくううううう!!」


僧侶♀「ブツブツブツブブツブツツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツ」


勇者「もうやだこのパーティー」

2 ◆CItYBDS.l2:2017/03/14(火) 22:14:34.69 :0gaGGEw9o


戦士「ああああぁっぁぁああああああああ!」


鈍い音がする
最近よく聞く音だ
肉と骨が砕ける音
戦士に飛びかかった魔狼が視界から消える


吹き飛んだ魔狼が俺の脇まで飛んできた
もはや犬の形はない、ただの肉塊だ


戦士の剣は相変わらず無茶苦茶だ
かつて国一番の剣士と呼ばれた剣の冴えは見て取れない
ただただ、その尋常ならざる腕力で剣を振りまわす


旅のはじめ
戦士は細身の剣を使っていた
あんなもので魔物が切れるのかと不安に思っていたが
杞憂だった


剣が魔物の首に触れるか否かの瞬間
一見緩やかに剣は引かれ、魔物の皮が、肉が、骨が裂ける
その所作は、まるで我が子を撫でる母親の手の様であった


それが何時からか、戦士は技と細身の剣を捨てた
彼女の手に握られている新しい剣は、厚く、重い
肉が裂けることはなくなった
代わりに爆ぜるようになった


だが、その一振りで魔狼の数は確実に減っていく

3 ◆CItYBDS.l2:2017/03/14(火) 22:15:00.39 :0gaGGEw9o


賢者「ふひ・・・ふひひひ・・・即死魔法デス・・・ああぁ!いく!いくううう!」


まるでゼンマイの切れた玩具のように
一匹の魔狼が動かなくなる
一見しただけでは寝ているだけにも見える


ただ相手を死に至らせしめる
それだけに特化した魔法
即死魔法とはそういうものだ


賢者は下卑た笑みを浮かべながら
次の獲物に狙いを定める
頼りになる男だ


しかし、彼の股間の膨らみ
いきり立ったそれと、彼の笑み
それだけが気にかかる

4 ◆CItYBDS.l2:2017/03/14(火) 22:15:26.96 :0gaGGEw9o


僧侶「??????」
僧侶「??????」
僧侶「???? ?????」


僧侶は一心不乱に魔法を唱え続けている


目の焦点があっていない
息継ぎすら聞こえない
いつ倒れてもおかしくない様相だ


魔法を発動させるには、高い集中力と想像力が必要とされる
絶えず体内を循環する魔力を一点に集中し
いわゆる呪文をもってして、イメージを具体化することによって
世の理を超えた力を現出する
それが魔法だ


いつからだろうか
俺たちは、彼女の呪文が聴き取れなくなった
かつて、澄んだ声で紡がれた呪文は
もはや別の言語だ


いや、そうなのだろう
あの呪文を唱えるようになってから、彼女の魔法発動速度は
飛躍的に向上した
賢者ですら理解できない、イメージ力を
あの謎の言語で紡いでいるのだ

続きを読む

関連のSS

22pt
魔王「300年前は不覚を取ったが、今度こそは…」
26pt
魔王「この空とともに旅をしよう」
23pt
勇者「圧倒的ッッ! 勇者ッッ!!」
19pt
剣王「戦争するぞ!」槍王「よかろう!」弓王「面白い!」斧王「受けて立つ!」
28pt
女神「魔王討伐のために聖器を授けましょう」
31pt
勇者「みんな狂ってる」
77pt
ショタ勇者「サキュバスの軍勢がすぐそこまで迫っている…皆は先に脱出して」
9pt
【安価】魔王「勇者の相手などするものか!俺はゲームをするぞ!」
14pt
魔王「勇者の相手などするものか!俺はゲームをするぞ!」
18pt
魔王「魔王の座を奪おうとしてくる奴らを捻り潰す日々」
11pt
【安価】魔王「魔王の座を奪おうとしてくる奴らを捻り潰す日々」
55pt
王「勇者のためにセーブポイントを設置してまいれ」村人「頑張りますだ!」
400pt
勇者「淫魔の国で風邪をひくとこうなる」
31pt
魔界神「なにこれ」四天王(水)「辞表ですが」
9pt
女騎士「騎士団長殺しが流行ってるんですよ」騎士団長「騎士団長殺し!?」
109pt
男「しっぽエルフに復讐をしようと思った」
40pt
勇者「魔王を倒しに行くよ!」母「行かせるかァッ!!!」
りゅうおう「もう一度元の世界に戻れるチケットだとぉお!!!」
24pt
勇者「逃げるは恥だが役に立つ」
53pt
勇者「ドジ、アホ、ポンコツ、チョロい」女騎士「ぜ、全部違うっ!」