サターニャ「完全無欠の名探偵、サタニキア様よ!」


1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 00:44:48.325 ID:pk6k84fb0.net

ガヴ「...あれ?」

ヴィーネ「どうしたの、ガヴ?」

ガヴ「うげ、箸忘れた...」

ヴィーネ「はぁ...全くしょうがないわね。はい、これ使いなさいよ」

ガヴ「サンキュー、ヴィーネ」

サターニャ「!」シュババババ


サターニャ「話は聞かせてもらったわ!」



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 00:50:39.471 ID:pk6k84fb0.net

ガヴ「はぁ。どうしたサターニャ」

サターニャ「ククク...突然話しかけてごめんなさい。事件の匂いがしたものだから...」

ヴィーネ「まーた何か変なのに影響されて...」

ガヴ「まぁ好きなようにやれよ。私は飯を食う」

サターニャ「ところで、ガヴリールの箸が無くなったって...ほんとう?」

ガヴ「ん?いや、ただ私が家に忘れてきただけだが...」

サターニャ「ククク...いいわ。『ガヴリール箸紛失事件』...ここは私、名探偵サタニキア様の出番よ!!」

ヴィーネ「名探偵...?」

サターニャ「私がこの事件を解決に導いてあげるわ!さぁ、情報を吐きなさい!」

ガヴ「話聞いてたのかお前」



8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/19(日) 00:54:06.613 ID:pk6k84fb0.net

ヴィーネ「そういえば最近探偵のドラマやってたわね...」

ガヴ「ドラマに影響されるとか、小学生じゃあるまいし...」

サターニャ「じゃあ、今から言う質問に答えてくれる?」

ガヴ「...わかったよ、なんだ。聞きたいことがあるなら答えてやる」

ヴィーネ「ちょっとガヴ、付き合うの?」

ガヴ「うるさくされるよりマシだ」

ヴィーネ「そうかもしれないけど...」



続きを読む