幸子「SCP?」 小梅「…うん」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 00:43:21.19 ID:E8SgY/1l0

小梅が幸子にSCPを紹介するSSです。

SCP-517

紹介とともにリンクを見るとわかりやすいかもしれません。
初SSなので至らない点があったらごめんなさい。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 00:44:15.87 ID:E8SgY/1l0


小梅「簡単に言うと、異常なものを収容している...っていう報告書に見立てた創作物のこと、だよ...」

小梅「確保、収容、保護って意味の、Secure.Contain.Protectの頭文字からSCPって呼ばれてるんだ...」

幸子「...それってもしかしなくてもホラーなんじゃないですか?」

小梅「...こ、怖いのもいっぱいあるけど、そんなことないのも、いっぱい...あるよ?」

幸子「小梅さんの怖くないは信用できないんですが...」

小梅「じ、じゃあ...ちょっとだけ、有名なのを教えてあげる、ね...?」

幸子「ほ、他の話はないんですか?ほら、この前のソロライブの感想とか...」

小梅「...あ、今幸子ちゃんの肩にあの子が」

幸子「喜んで聞かせていただきます!」

小梅「フフッ...」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/19(日) 00:45:24.41 ID:E8SgY/1l0


小梅「個別の紹介の前に...ちょっとだけ、説明しておくね...?」

小梅「SCPが存在する世界は...SCP財団っていう組織が、世界の安全を守るために...人類を保護するために、SCPを収容してる...って設定なんだ...」

幸子「つまり、SCP財団はいい人達の集まりなんですね?」

小梅「じ、人類を守るって意味では、そうかもしれないけど...SCPの特性を調べるために、死刑囚を実験台にしてるから...そうとは言い切れないかも...」

幸子「それもういい人どころかマッドサイエンティストじゃないですか...」

小梅「し、収容したSCPに...まだ知らない特性があったら、危ないから...実験して調べないと、もっとたくさんの人が死んじゃうかも、しれないし...」

幸子「...まぁ、罪のない人を犠牲にするよりはいいのかもしれませんが...」

小梅「...でね、SCPは、Object Classっていう分類分けがされてて...ほとんどは、Safe(セーフ)、Euclid(ユークリッド)、Keter(ケテル)の3つに、分かれてるよ...」

小梅「Safeは、名前の通り...完全に収容できる手段が分かってて、扱い方を間違えなければ...安全なSCPってことだよ...」

幸子「安心してしまっておけるってことですね...それだけだったら不思議な創作物として聞く方も安心なんですが...」

小梅「ざ、残念...Safeだからって、油断してると危ないものも...いっぱいあるんだよ?」

幸子「えっ」

小梅「まずは...Safeクラスから一つ、紹介するね...?」



続きを読む