絵里「ふふっ♡もうこんなにして、期待してたの?変態ね」

1: 名無しで叶える物語(スイス)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 21:58:12.94 ID:ljxj/kyi.net

ワーワーギャーギャー

海未「みなさん、きちんと纏まってください!次は新しいステップを教えるのですからちゃんと聞いて......ああもうっ!!」

海未(やはり私では7人を纏めきれません。お仕事中で忙しいかと思いますが、やむを得ないでしょう)


海未(先輩はいつも忙しそうです。μ'sに入ってくれたのは嬉しいのですが大丈夫なのでしょうか......あっ)サッ

絵里「~~~......」スタスタ

「~~!!~~~///」

海未(どうして隠れてしまったのでしょう。今話しかければいいことだったのに)

海未(先輩と、おそらく下級生の女の子は一緒に生徒会室に入っていきました)

海未(って、ぼーっと突っ立ってる場合じゃないのです。はやく先輩を呼ばなければ)スッ

海未(扉に手をかけようとすると、少しだけ開いていることに気付かされます。そしてなんとなく私は、小さな隙間からそっと中を覗き込んでしまいました)ジーッ


「やぁんっ、せんぱい、はやくぅ......」

絵里「そうね、私もこの後部活だから早めにしないとね。脱がすわよ」スルッ

「あ......♡」ネトッ

絵里「ふふっ♡もうこんなにして、期待してたの?変態ね」


海未「!?」



2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:00:09.55 ID:lqo1lnph.net

スレタイだけで鼻血でそう



4: 名無しで叶える物語(スイス)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 22:17:38.58 ID:jUv/1203.net

海未(先輩、なにを──)

「あひぃんっ!♡」ビクンッ

海未(突然甲高い声をあげて体を軽く反る生徒。なにが起きているのか全く理解できず、ただただ見続けるだけでした)

絵里「あら、痛かった?」

「あ、いえ、はじめてなので......///」

絵里「私に初めてを捧げてくれるの?ありがとう、すごく嬉しいわ。それじゃあ、繊細に扱ってあげるから、気持ちよくなりなさい」クチュ

「あっ、先輩、それ......♡」


海未(私はそれから、先輩が下級生に『なにか』しているのをずっと見続けていました)

海未(破廉恥なことをしているのだと思う一方、絵里先輩をとても綺麗に、『なにか』を受けている生徒がとても気持ち良さそうに見えたのです)

海未(そしてしばらく見ていると生徒はびくんびくんと体を痙攣させて、獣のような声を出して倒れてしまいました)

海未(なにが起こっていたのでしょう......とっても破廉恥です......///)ドキドキ

絵里「ねえ起きて。これで終わりよ。ちょっと、大丈夫?」

絵里「......返事がないわね。しかたないからここで寝かせて起きましょう」クルッ

海未「っ!」サッ

絵里「さて......覗き見はかしこくないわよ、むっつりスケベさん?」

海未「っ!!」ビクッ


続きを読む