亜季「きたえる、さぼる、話する」


■関連SS


1 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 20:28:00.58 :fhnGchl/0

デレマスなんですよ
今回もかわらずゆるゆるとです


2 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 20:30:36.54 :fhnGchl/0

有香「おはようござ」

裕子「うわっと!」ガチャ

有香「きゃっ......裕子ちゃん?」

裕子「わーすいません! それでは!」タタタッ

有香「いっちゃった......」

3 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 20:33:17.27 :fhnGchl/0

亜季「おや、有香殿、おはようございます」ケイレイッ

あやめ「おはようございます!」

有香「おはようございます、裕子ちゃんどうしたんでしょう?」

あやめ「写真を見るなり飛び出していきましたが......」

亜季「裕子殿、幽霊でも見たような顔でしたなぁ」

有香「そんなまさか......」

亜季「いやいや、案外この部屋にもいるかもわかりませんな......丁度有香殿の後ろあたりに......」

有香「ちょ、ちょっとやめてくださ

杏「ばぁ」

有香「ひいいぃ!」ビクン

亜季 ゴフッ

杏「おお、飛んだなぁ」

あやめ「有香殿は忍の素質をお持ちですね」

有香「な、なんだ......杏ちゃん......驚かせないでくださいよぉ......」

杏「予想外に驚かれて杏もびっくりしてる」

あやめ「......あれ、亜季殿。亜季殿?」

有香「ああっ、ごめんなさい!」


4 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 20:57:00.11 :fhnGchl/0

亜季「有香殿の尻は凶器であります......ごふっ」バタン

有香「ええっ?!」

あやめ「なるほど、自らの肉体を暗器とする......ますます忍としての素質が」

有香「あの、勘違いですから!」

杏「有香ちゃんのお尻は6つに割れてるから」

あやめ「なんと、極限まで鍛え抜かれた肉体はそのような様相を」

杏「未央ちゃんもそうだって言ってたし」

有香「ちょ、やめてください!」

亜季「あ、特に私については触れないのでありますね」ムクッ

あやめ「まぁ、亜季殿なら最悪死なないだろうと思いまして」

亜季「それ共通認識なんでありますか?」

有香「ところでそれ、何してたんですか?」

あやめ「ダーツです!」

有香「いや、ダーツなんか一本も刺さってないんですけど......」

杏「ナイフだねぇ」

亜季「留美殿に負けていられないと思いましてな」


5 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:06:25.57 :fhnGchl/0

有香「なんでこんなにナイフがあるんですか......」

亜季「つい衝動買いしたもののタンスの肥やしにするのも忍びなかったの......でっ」スコン

あやめ「お見事」

有香「このクナイみたいなのも買ったんですか?」

亜季「あやめ殿が使っていた方ですな。うっかり映画で見て惚れてしまったもので」

杏「クリスマスにはまだ早いよ」

亜季「ふふ、幸運の指輪もあるであります」

あやめ「裕子殿もなかなかの腕前でしたね。サイキッカーも奥が深いです!」

有香「裕子ちゃんも?」

あやめ「ほら、そこに刺さってますよ」

有香「ほんとだ。フォークのようなスプーンのような......なんですかこれ」

杏「スガキヤのアレだね」

あやめ「スガキヤのアレですね、わたくしの故郷にもありました」

亜季「というか裕子殿、コレ忘れていきましたな」

あやめ「それではわたくしが後でプロデューサー殿に渡しておきましょう」

亜季「あのステイサム似のですか?」

あやめ「いえ、わたくしのプロデューサーではなく裕子殿の。おそらくデスクにいらっしゃるでしょう」

亜季「仕事の鬼のような女性ですからな」

杏「杏にはわからない感覚だ」

有香「またまた、杏ちゃんもきらりちゃんと忙しそうに走り回っていたじゃないですか」

杏「なんのことかなー」パタパタ


6 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:19:30.78 :fhnGchl/0

有香「というかもしかしてずっとダーツで遊んでたんですか!?」

あやめ「つい熱中してしまいまして......」

亜季「これが中々奥が深いのであります。試してみては?」

有香「まぁ、少しだけなら......えいっ! あれ?」カラン

あやめ「こう見えて当てて刺すだけでもなかなか難しいのです」

有香「やあっ......やった!」スコン

あやめ「お見事!」

亜季「ね? 中々楽しいでしょう」

有香「はっ」

杏「流されてるなぁ」

有香「た、確かにちょっと楽しいですけど、トレーニングをしないのは......」

あやめ「全くですね」

亜季「正論でありますな」

杏「反省するんだよ」

亜季「イエスマム」

有香「いや杏ちゃんもずっと寝てたんですよね?」

亜季「折角でありますから、杏殿もトレーニングをしてみては?」

あやめ「倒れるだけで腹筋の何某も完備されてますよ」

杏「杏は腹筋だけで倒れるから......」

有香「よくここまで生きてこれましたね?」

7 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:27:34.34 :fhnGchl/0

杏「普段はみんな真面目にトレーニングしてるんだねー」

あやめ「これも修行の一環ですからね、ニンッ!」

亜季「有香殿などは毎日寝る間も惜しんでトレーニングルームに篭っているでありますから」

有香「亜季さんは私をなんだと思っているんですか?」

杏「わかるよ、杏も毎日寝る間も惜しんで寝てるからね」

有香「それ寝てるだけですよね?」

杏「ぐぅ」

有香「寝た......」

亜季「鮮やかな狸寝入りですな」

あやめ「叩いたらぽこぽこ鳴りますかね」

亜季「物は試しであります」

杏「やめてやめて」

亜季「残念ですなぁ、海兵隊で培ったドラムテクを披露する機会かと思ったのですが」

有香「いつ海兵隊に入ったんですか?」

亜季「いつでしょうなぁ」

有香「なんの意味もなさすぎませんか?」

あやめ「恐ろしく適当ですね」

8 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:34:05.21 :fhnGchl/0

きらり「にゃっほーい! 杏ちゃん居るかなぁ?」ガチャッ

亜季「おや、きらり殿」

有香「押忍! おはようございます!」

きらり「おっすおっすぅ!」

あやめ「杏殿ならここに」

きらり「杏ちゃーん、そろそろ打ち合わせの時間だにぃ☆」

杏「そっかぁ......頑張ってね」

きらり「んもー、杏ちゃんも一緒に来ないとだめだよぉ? ほーら、連れてってあげゆからぁ」

杏「仕方ないなぁ......よいしょ」ムクッ

あやめ「狼と狽のようですね」

杏「きらりデサントだよ」

亜季「なるほど、素敵な戦術ですな」

杏「じゃあきらりんゴー」

きらり「うっきゃー☆ きらりんロボはっすぃーん! みんなもおっつおっつー♪」フリフリ

杏「またねー」フリフリ

亜季「ご武運を、であります」ケイレイッ

あやめ「おつかれさまです!」フリフリ

有香「打ち合わせ、がんばってくださいね!」

パタン

9 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:40:55.90 :fhnGchl/0

あやめ「それでは、わたくしもおいとまいたしましょう」

亜季「煙玉でドロンとかですかな」

あやめ「火災報知器が鳴ってしまうので......」

亜季「なるほど、そうなってしまっては一大事ですからな」

有香「そういう問題なんですか?」

あやめ「それは冗談としても丁度良い時間ですし......それではまた」フリフリ

亜季「おつかれさまであります」ケイレイッ

有香「おつかれさまですっ」フリフリ

パタン

亜季「さて、少し片付けて私達も退散しましょうかな」

有香「そうですね、だいぶ日も沈んでいますし」

亜季「有香殿この後ご用事は?」

有香「今日は何もありませんけど......」

亜季「なら是非、何か食べて帰りませんか?」

有香「あ、いいですね!」

亜季「決まりですな、それでは行きましょうか」

有香「......ところでなんですけど」

亜季「なんでありますか?」


有香「ひとっつもトレーニングしてないですよね?」

亜季「してないですなぁ」

10 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:42:38.41 :fhnGchl/0


―――――――――――――――――――――――――――――――...............


11 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:48:30.66 :fhnGchl/0

亜季「戻ったぞ!」ガチャッ

拓海「お、よう亜季」

夏樹「なんだ、どっかの州知事みたいな挨拶だな」

亜季「今は元、でありますが......どうしたのでありますか?」

有香「ああ......」ズーン

拓海「それがよ、有香がサンドバッグ殴ったらぶっ壊れてな」

亜季「なるほど、中身が出てしまったと」

有香「ちが、違うんです......事故なんです......こんなつもりは......」

夏樹「犯罪者の言い訳みたいだな」

亜季「まぁ気にすることはないでしょう。このサンドバッグは元々壊れかかっていたのでありますから」

有香「な、なんだ......心配して損じゃないですか」

拓海「なんだ、有香がぶっ壊したんじゃねぇのか。つまんね」

亜季「まぁそっちのほうが面白いですな」

夏樹「じゃあそれで」

有香「あの! じゃあとかじゃないんですけど!」バンバン

拓海「なんだよ、箔が付くぜ? サンドバッグ殺しの有香っつってな」

有香「到底アイドルとは思えない二つ名なんですけど......」


13 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:54:48.32 :fhnGchl/0

亜季「サンドバッグなら良いですがなぁ、人間相手なら大惨事であります」

夏樹「中身出ちゃうからな」

有香「しませんから! できませんから! あたしの突きが凶器みたいなのやめてください!!」

亜季「まぁまぁ、有香殿の突きの鋭さは奏殿も褒めていたでありますから」

有香「奏ちゃんが?」

夏樹「......ああ、なるほど」

有香「?」

夏樹「〽ねえ見てほら」

亜季「〽綺麗な突きだね」

拓海「ンフッ」

亜季「ちょっとツボったでありますな」

拓海「なんか......ほんと下らねえな」

夏樹「うわ有香がアイドルがしちゃいけない顔してるぜ」

亜季「せめて五体満足な状態で死にたいであります」

拓海「ホラ見ろ亜季。あのサンドバッグが未来のお前だ」

夏樹「やっぱ中身出ちゃうのか。小梅や涼が喜ぶな」

有香「だから! できませんってば! もう!」バンバン

14 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 21:59:11.82 :fhnGchl/0

夏樹「はははっ、悪い悪い」

亜季「そういえば、今日はその涼殿は?」

夏樹「ああ、映画見てるんじゃないか? 小梅と奏とな」

拓海「小梅はともかく奏もか、珍しいな」

夏樹「映画の趣味が合うんだとさ」

有香「小梅ちゃんと涼さんの趣味っていうと......」

拓海「ゾンビとかか?」

夏樹「ああ。奏はサメが好きなんだとさ」

有香「さ、サメ?」

亜季「また良い趣味というか、趣味が悪いというか......」

夏樹「ま、大体アサイラムが悪い」

亜季「運んでくるアホウドリもアホウドリでありますが」

有香「よ、よくわかんないですけど......」

亜季「まぁ、あの世界に入り込みすぎるとVHSを探し出したりするのでわからないほうが良いですな」

拓海「難儀だなぁ、おい」

15 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:06:15.93 :fhnGchl/0

亜季「まあ、それはそうと片付けますか」

拓海「ぶちまけといても勝手に片付くわけじゃねぇしな」

有香「うう......すみません」

夏樹「気にするなって。たまたま壊れただけなんだからさ」

拓海「なぁ亜季ー、ゴミ袋になるようなもん無かったか?」

亜季「ゴミ袋なら冷蔵庫の中であります」

拓海「うわマジで入ってやがる」ガサガサ

有香「なんで冷やしてあるんですか」

亜季「面倒だったので飲み物と一緒に冷蔵庫に......」

有香「だからたまに変なもの入ってるんですか?!」

拓海「そのうち有香まで冷蔵庫にしまいだすぜ」

亜季「もっと大きな冷蔵庫が必要ですなぁ」

有香「しまう前提で話をしないでください」

16 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:12:29.59 :fhnGchl/0

拓海 ゴソゴソ

有香 ゴソゴソ

夏樹「......そういや小さい頃、サンドバッグには本当に砂が詰まってると思ってたよ」ゴソゴソ

有香「そういえばなんでサンドバッグなんて名前なんでしょう」

亜季「最初は砂を詰めていたそうでありますが」

夏樹「へぇ?」

亜季「ボクシングと共に日本に伝わってきた際、何を詰めていいかわからず手近にあった砂を詰めたんだそうで」

有香「ほんとですか?」

拓海「なんか亜季が言うとビミョーに嘘くさいんだよな」

夏樹「ああ、そういえば英語だとパンチングバッグだ」

亜季「サンドバッグは和製英語でありますな」

拓海「砂じゃなくて良かったぜ、片付けんのも楽だしな」

有香「すみません......」

拓海「ああいや、そういうつもりで言ったんじゃねーよ。壊そうとしてたわけじゃねぇんだしよ」

17 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:17:42.93 :fhnGchl/0

亜季「というか私信用なさすぎではありませんか」

夏樹「日頃の行いじゃないか」

拓海「日頃の行いだろ」

亜季「うわぁボコボコでありますな」

有香「昨日も酷かったじゃないですか!」

夏樹「昨日?」

亜季「ああ、ステーキですか」

有香「まぁまぁって連れてかれたら1ポンドドンって出てきたんですよ!?」

拓海「おお、そりゃ食いごたえあっていいな」

有香「食べられませんよ! そんなに!」

亜季「いやぁ、良い顔でありましたなぁ。あの時の有香殿」

有香 ペチ

亜季「あいて。でも中々だったでしょう」

有香「美味しかったですけど......結局奢ってもらっちゃいましたし......」

夏樹「あぁ、人の金で食う肉はうまいよな」

拓海「亜季の金でうまい肉食おうぜ」

亜季「寄ってたかってたからないでほしいであります」

18 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:23:07.84 :fhnGchl/0

拓海「うし、大体片付いたろ」

有香「ありがとうございます......助かりました」

夏樹「キレイになったとこでトレーニングするか」

有香「昨日なんか結局何もしませんでしたからね......」

亜季「いやぁ、ついついダーツに熱中してしまったであります」

拓海「お前らここで遊びすぎだろ」

有香「わ、私は遊んでないですよ? トレーニングもしてないですけど......」

拓海「本末転倒も良いとこだなぁ」

夏樹「まぁ普段のレッスンに追加でやってるわけだしな、根詰めると体壊すぜ」

亜季「昨日の分を取り返すという意味でも......やりますかな」

拓海「おう、久しぶりにやるか!」

夏樹「ん、なんだ?」

有香「サドンデス腹筋です!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


夏樹 ヘニョッ

亜季「根詰めると体壊すぜとは一体何だったのでありましょうか」

有香「あの......大丈夫ですか?」

夏樹 コクン

拓海「李衣菜が見たら泣くぜこりゃ。着いてきた根性は感じるけどよ」

亜季「こころなしか髪までへにょへにょですな」

19 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:25:16.06 :fhnGchl/0


―――――――――――――――――――――――――――――――...............


20 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:30:38.97 :fhnGchl/0

亜季「おはようございます、皆さんお早いでありますな」ガチャ

有香「押忍っ、おはようございます!」

茜「おはようございます!!」

杏「朝のナパームの匂いは格別だからね」

亜季「おや、杏中佐もお早いのは珍しいですな。ソファーの向こう側で見えませんでしたが」

杏「まぁそういう日もあるよねー。早起きは六文の得らしいしね」

亜季「三途の川でも渡るのでありますか?」

有香「なんか朝から景気の悪い話ですね......」

茜「もっと明るい話をしましょう! あの朝日に負けないぐらいに!!」

有香「茜ちゃんはいつも元気ですね」

亜季「何か良いことでも?」

茜「未央ちゃんと藍子ちゃんが遊びに行くらしいので! 私まで楽しい気持ちになってしまいました!!」

21 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:34:41.51 :fhnGchl/0

有香「あれ、茜ちゃんは......」

茜「いやぁー! 流石にデートの邪魔はできませんよ!」

有香「え、で、でーとっ......!」

亜季「馬に蹴られてはたまりませんからなぁ」

茜「逃げ切る自信はありますけどね!」

杏「なにそれ面白い。だから昨日未央ちゃんがそわそわしてたのね」

亜季「ドキドキこえてバクバクしてたわけですな。青春ですなぁ」

茜「青春ですね!」

亜季「それに引き換え私たちときたら......杏殿昨日何してました?」

杏「ゲームしてた。軍曹は?」

亜季「ゲームしてたであります」

杏「ていうか通話繋いで一緒にやってたよね」

亜季「便利ですなぁ、Discord」

茜「通話ですか?」

亜季「複数人で通話できるツールがあるのであります」

茜「なるほど! みんなで話しながらゲームが出来るというのはいいですね! 私はあまりゲームはわかりませんが!」

杏「茜はゲームで走り回るより実際に自分で走り回る方が好きそうだ」

22 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:39:23.72 :fhnGchl/0

有香「でーと......」

亜季「有香殿?」

有香「ひゃっ、ひゃい?!」ビクッ

杏「わぁ、元気だなぁ」

茜「有香ちゃん顔が赤いですよ! 大丈夫ですか!?」

亜季「有香殿が考えてるようなやらしいことはないと思うでありますよ?」

有香「や、ばっ、考えてませんから、考えてないです! 押忍!」

茜 ボッ

杏「なんで茜まで赤くなっちゃったの」

茜「どどっどっどどどどうしましょう?! お赤飯炊いたほうが良いですかね??!!」

亜季「赤いのは茜殿だけで十分だと思うでありますよ?」

23 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:43:47.10 :fhnGchl/0

ガチャッ


菜々「おはようございまーす......」

亜季「おや、菜々殿、おはようございます」

有香「あ、お、おはようございます!!」

茜「おおおおおはようございます!!!!!!」

菜々「お、おはようございます......顔赤いですよ?」

亜季「大丈夫、ちょっとした思春期であります」

菜々「はぁ......?」

24 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:49:32.21 :fhnGchl/0

亜季「そういえば、今日は?」

菜々「今度のライブのために、今から鍛えておかなきゃって思ってトレーニングを」

杏「なーなちゃん」ヒョコ

菜々「あ......杏ちゃん」

杏「だめでしょそんなことしちゃー、膝痛めてるんでしょ?」

菜々「......大丈夫ですよ、もう治っちゃいましたから」

杏「お医者さんに止められてるんでしょ?」

菜々「う、な、何かしてないと不安で......」

杏「ほら、あんまり無茶しないようにって言われてるんだからさー」

菜々「あう......で、でもナナは元気ですから」

茜「ダメです! ダメですよ!」

25 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:53:24.75 :fhnGchl/0

菜々「茜ちゃん?」

茜「仲間としてもマネージャーの端くれとしても、オーバーワークは見過ごす訳にはいきません!!

きっと後悔します! 私達も、菜々ちゃんも!!」

菜々「で、でも、もうライブも近くって、それで......」

茜「だからこそです! ライブに向けて万全の体調に整えていく、それも立派なトレーニングじゃないですか?!

私は楽しみにしてます! 菜々ちゃんのステージを!! 一緒に舞台に立てるのを!!!!」

有香「わ、私もっ、その、菜々ちゃんは可愛くて、いつだって全力で、憧れですから!」

亜季「共に肩を並べて戦えることを誇りに思うであります」

杏「ね、菜々ちゃん、杏も一緒にライブしたいな」

26 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 22:58:10.61 :fhnGchl/0

菜々「そう......そうですね。ナナ、ちょっと焦ってたかもしれませんね」

杏「......ん」

菜々「ちゃんとおやすみして、ライブに備えることにします。皆の期待にも答えなくちゃですからね!」

茜「お説教みたいになってすみません! でも本当の気持ちですから!」

菜々「ううん、そうやって言ってくれて嬉しかったです。次は一回り成長したウサミンを見せちゃいますよ!」

杏「お腹周り?」

菜々「なんでですかー! またナナのことばかにしてー! むしろ細くなってますからー!」

杏「わはは、知ってる知ってる」

菜々「もー......」

有香「それにしても杏ちゃんがいたのは偶然でしたね。私たちは怪我のこと知りませんでしたから」

亜季「ははぁ」

杏「何かな」

亜季「昨日はやけに早く通話を切り上げたと思ったら......このためでありましたな?」

菜々「え?」

有香「あ、そういえば杏ちゃん、最近よくここに来てましたね」

亜季「今日も早起きして菜々殿を捕まえに来たわけですな」

杏「~♪」

有香「口笛吹けてませんよ?」

27 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 23:04:48.77 :fhnGchl/0

茜「んん、なるほど......菜々ちゃん! 杏ちゃんの隣に座ってください!!」

菜々「え? あ、あの」

茜「さぁ、早く!」

菜々「は、はい!」ストン

茜「さ、菜々ちゃんが運動しちゃわないように捕まえててください! 杏ちゃん!」

杏「あ、え?」

茜「さぁ、ぎゅーっと!!」

杏「あ、はい」ギュゥ

茜「ああ~~~~!!!! いいですね!!」

亜季「お互いに見つめ合ってーはい、Open Fire」カシャッ

杏「ちょっと何これ」

菜々「えっ、あ! 撮ったんですか?!」

亜季「おや、駄目でありましたか? 中々良い画なのですがなぁ」

菜々「うぅー......良いですけどぉ」

有香「顔真っ赤ですね......」

亜季「有香殿もであります」

茜「お赤飯炊きましょうか!!」

杏「甘納豆のでお願い」

28 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 23:08:25.94 :fhnGchl/0

茜「ま、それは冗談ですが! 膝に負担の掛からないトレーニングやストレッチもありますから、そういうのもやっていきましょう!」

菜々「はい!」

杏「菜々ちゃんはいっつも頑張りすぎだからたまにはさぼるぐらいでいいんだよ」

有香「杏ちゃんはゆるっとしすぎな気もしますけどね」

杏「時代は省エネだからね」

亜季「さて、私達も気合を入れて鍛えますかな」

茜「菜々ちゃんにみっともないところ見せるわけにはいきませんからね!!!!」

有香「亜季さんは特に最近サボってましたからね」

亜季「有香殿それは言わない約束であります。口止め料は払ったではありませんか」

有香「びっくりした顔見て笑ってたでしょう! もう!」ペチペチ

亜季「あっそれちょっと普通に痛いであります!」

有香「私だって恥ずかしいんですからね!」

29 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 23:11:43.21 :fhnGchl/0

杏 カシャッ

菜々「杏ちゃん? どうしたんですか?」

杏「んー、良い画だなと思って」

菜々「ふふふっ......確かにそうですね」


亜季「可愛らしかったでありますよ?」

有香「っそういうのは良いですから!」ベチッ

亜季「あいたぁ!」

30 :◆ganja..OLI :2017/03/17(金) 23:13:02.85 :fhnGchl/0

おしまい
前よりはわちゃわちゃしてなかったかもしれない
前のやつ→
直近のやつ→
読んでくれた人ありがとう また次があればよろしくお願いしますね

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
タグ :
続きを読む