SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

海未「武道場の一匹狼」

2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 20:54:28.28 :QuZZQxsH0


むかしむかしの物語。

ある森の近くの村にリックという名の少年がお母さんとふたりでくらしていました。

リックはらんぼうな少年で、小さな生き物をいじめるのが大好きでした。

ある日、リックは村のはずれでオオカミの子どもが弱っているのを見つけました。

そして、いつものように木の枝でオオカミの子どもをつついていじめました。

しかし、このオオカミはただのオオカミではなく、まほうの力を持ったオオカミだったのです。

オオカミの子どもはさいごの力をふりしぼってリックに呪いのまほうをかけました。

たちまちリックの姿はオオカミに変えられてしまいました。

「反省するまで元の姿にはもどしてあげないよ!」

オオカミから注意を受けたリックでしたが、反省するどころか手に入れたするどいキバとツメをつかってあちこちであばれ回りました。

きょうぼうなオオカミのうわさはたちまち広まり、村では兵隊さんがみはりについて、リックは食べ物を手に入れることがむずかしくなりました。

あるまっくらな夜の日、おなかを空かせてフラフラになったリックの前に一人の村人が通りかかりました。

リックはがまんできずにその村人におそいかかりました。

しばらくたって村人はピクリとも動かなくなりました。

リックが大きな口で村人にかぶりつこうとしたその時、雲が晴れて大きな満月が村人の顔をてらしました。

それはリックが世界でたった一人あいしていたお母さんでした。

リックはとてもふかく後悔して月に向かって大きな声でなきました。

反省したリックは元の人間の姿にもどることができました。

しかし、満月の夜になるとそのときのことを思い出して、オオカミの姿になってとおい空に向かってなきました。

村の人はそれを見て「オオカミ少年ウルフリック」と呼ぶようになりました。

今でも満月の夜になると森の中からオオカミ少年のなきごえがきこえてくるかもしれません。


【魔法使い童話 オオカミ少年ウルフリックより】

3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/03/16(木) 20:55:09.82 :QuZZQxsH0


穂乃果「おーい、海未ちゃん! 一緒に帰ろう!」

海未「穂乃果、ことり。すみませんが、今日は武道場に寄っていこうと思いまして」

ことり「あー、例の同好会? 最近なんだか張り切ってるね」

海未「はい。伝統あるクラブなので出来るだけ多くの人に知ってもらえるように努力しているのですが……」

穂乃果「やっぱり部員集まらないの?」

海未「ええ。でも、何かきっといい方法があるはずです」

ことり「あんまり無理しちゃダメだからね?」

穂乃果「海未ちゃん、ファイトだよ!」

音ノ木坂魔法学校。数百年前に魔法教育を専門に設立された伝統ある学校。
その校舎から最も遠く離れた片隅にひっそりとたたずむのが、私の所属する『剣術同好会』の拠点である武道場です。
此の同好会にはかねてより抱える大きな問題があります。
それというのも、先ほどの穂乃果たちとの話にもあった部員不足の件です。
現在の部員は一人。そう、私園田海未だけなのです。

続きを読む

関連のSS

35pt
にこ「にこデレラ」
37pt
穂乃果「ファミチキが…食べたいっ!」
31pt
千歌「ふたりって、恋人とどんなえ◯ちしてるの?」
44pt
【ラブライブ】ことり「や、別に唐揚げは共食いじゃないから」
53pt
THE 3名様~ラブライブファミレス物語~
42pt
穂乃果・花陽「ことりちゃんはおかしい」
33pt
希「真姫ちゃんは可愛い性格しとるなぁ」
92pt
ことり「や、別に唐揚げは共食いじゃないから」
24pt
絵里「真姫は素直じゃないの」
61pt
海未「何度言えばわかるのですか!!」真姫「!!?」ビクゥ
24pt
真姫「今日はわたしの誕生日よ!」 海未「そうですね」
26pt
真姫「神主?仲人?ただのハッピーメーカーよ」
33pt
にこ「この歯みがき粉おいしいわね」
26pt
ことり「ぴよぴよ」真姫「!?」
28pt
絵里「にこを高い高いしたいわ」
33pt
千歌「初々しさを取り戻せっ」ダイヤ「......はぁ」
35pt
穂乃果「どうしよう、男の子になっちゃった(低音)」
ウチウラの村を救え!
28pt
曜「――憂鬱な誕生日……」
39pt
花陽「あなた、朝ご飯できたよ」