海未「覚えていてくれたのですか?」

1: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 23:59:01.93 ID:CLlU4SVQ.net

「当たり前じゃんー!毎年お祝いしてきたんだもん」

海未「あなたは忘れっぽいところがありますから、私の誕生日もてっきり覚えていないのかと」

「お、言うようになったね」フフ

「それでも、海未ちゃんの誕生日だけは忘れたことはなかったぞー?」

海未「...そうでしたね」フフ



2: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 00:00:49.20 ID:E0yphHfB.net

「そんで、最近はどう?」

海未「どうって...?」

「皆と仲良くしてる?」

海未「はい。今日も、その...8人みんなに、祝ってもらえて///」

「おおー!」

海未「で、でも、いくら何でもやりすぎなんですよ。ことりと穂乃果なんか、絶対に世界で1番早くお祝いするんだって言って、3人でお泊まり会をしようと...」

「あはは!さすが幼なじみだ。あたしに負けないぐらい大好きなんだね、海未ちゃんのこと」

「いいじゃないの。仲良きことは美しきことだ!」


3: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 00:01:31.54 ID:E0yphHfB.net

海未「あなたは...」

「ん?」

海未「あなたは、最近どうですか?」

海未「あの人たちと、会っていますか?」

「もちろん!」

「みんな忙しくてなかなか会えないけどね...仕事とかで会えると、すごく嬉しいよ。みんな頑張ってるんだなって。お互いのライブ行ったりもして」


4: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 00:02:12.13 ID:E0yphHfB.net

「そうだ、こないだは皆で忘年会したんだよ!3人来れなかったけど...」

海未「私も穂乃果から聞きました。とても盛り上がったそうで」

「楽しかったなぁ。まるであの頃に戻ったみたいでさぁ。皆といるとね、海未ちゃん達の歳の子みたいに無邪気になっちゃうんだよね」

「もうおばさんなのにね?」アハハ

海未「いいじゃないですか」

海未「仲良きことは美しきことです」

「ふふ、そうだね」


続きを読む