【モバマス】神谷奈緒「もっと近くに」

引用元:

1: ◆Ceuv.hziBQ 2017/02/08(水) 00:05:36.11 ID:DCAGNsjG0
アイドルマスターシンデレラガールズ 神谷奈緒のSSです

アイドルそれぞれに担当Pがいる設定

SSWiki :





2: ◆Ceuv.hziBQ 2017/02/08(水) 00:06:13.15 ID:DCAGNsjG0
今日はあいにくの雨降り

あたしは担当プロデューサーが来るのを、駅の改札口で待っていた


奈緒「あ、いたいた......おーい! Pさーん」

P「奈緒!ごめん、待ったか?」

奈緒「大丈夫だよ。着く時間分かってたし」

P「そうか、安心した。毎回ごめんな。アイドルにこんな事させて」

奈緒「あ、謝らなくていいよ! もう慣れたしな」

P「慣れちゃったか......」


Pさんは申し訳なさそうに言う

慣れたと言うのはあたしの照れ隠し

まさか、Pさんと帰るのが好きだからなんて絶対言えない


奈緒「ま、そんな事はいいからさ! 事務所に帰ろうよ」

P「ん、そうだな」



3: ◆Ceuv.hziBQ 2017/02/08(水) 00:06:44.62 ID:DCAGNsjG0
駅から出ると、外はもちろん雨降り

パーカーのフードを被り、駆け出す青年

鞄を濡らさないようにと、抱きかかえながら走るサラリーマン

そして......彼氏の迎えに来たのか、傘をもう1本持っている若い女性

......あたしも、あんな風に見えたのかな?


P「奈緒、行こうか」

奈緒「うん」


Pさんはあたしが持ってきた大きな傘を開く

あたしが持ってきたのは、その傘1本だけ

そうなると、あたしたち2人は当然相合傘になる


P「わぁー、こりゃもっと酷くなりそうだなー」

奈緒「ほんとだ。向こうは真っ暗だ」

P「早めに帰らないとな」



続きを読む