いろ鬼 (オリジナル百合)

転載元:

1: ◆/BueNLs5lw 2017/03/05(日) 23:45:48.14 ID:WgPPHdt80

何があっても大丈夫な人向け百合
勢いのまま


『いろ鬼』という遊びがある。
鬼ごっこの一種みたいなものだ。まず、鬼役は色を一つ決める。他の参加者は、その色を探し出して、
その色の何かに触れていれば捕まらない。触れていない人は、永遠に追いかけっこ。
みんな、誰かの服にタッチする。でも、私だけ例外。原因は、服の色が男っぽいから。
言うなれば、地味。カッコよく言えば、アースカラー。
鬼が選ぶ色は赤とかオレンジとかで、私はいつもかやの外。
一緒に遊ぶ女の子達が好きそうな色の服を、私は持っていなかった。


私、当時、5歳の時の事。
とあるショッピングモールで衣料品を見ていた時だ。
可愛い服達が積み重なったバベルの塔に、一瞥をくれる。
母親が手を引いて、その塔に足を踏みいれさせようとしている。
スカートもワンピースも、柔らかそうで甘そうで、私をクラクラとさせた。

「ミラちゃん、おいで」

子どもながらに、自分にはピンク色が似合うと思っていた。
しわがれた手が私に差し出したのは紫のイモ臭いジャージみたいなスカート。
よりにもよって、なんでこれなの。

「やッ」

それはペシンと払いのける。
母親は困ったように笑った。
じゃあ、何がいいの? と顔を傾げる。
ピンクよ! ピンク!
どうして分かってくれないの。
私は群がる女子児童達をかいくぐり、ピンクのワンピースを引っ掴んで、

「これ」

と、母親に見せた。
すると、

「え、全然似合ってない。やめなさい、やめなさい。あんたには、やっぱり地味な方が似合うわ」

私の中の少女像が、がらがらと音を立てて崩れ落ちたような気がした。



続きを読む