SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

いろ鬼 (オリジナル百合)

転載元:



1: ◆/BueNLs5lw 2017/03/05(日) 23:45:48.14 ID:WgPPHdt80


何があっても大丈夫な人向け百合
勢いのまま


『いろ鬼』という遊びがある。
鬼ごっこの一種みたいなものだ。まず、鬼役は色を一つ決める。他の参加者は、その色を探し出して、
その色の何かに触れていれば捕まらない。触れていない人は、永遠に追いかけっこ。
みんな、誰かの服にタッチする。でも、私だけ例外。原因は、服の色が男っぽいから。
言うなれば、地味。カッコよく言えば、アースカラー。
鬼が選ぶ色は赤とかオレンジとかで、私はいつもかやの外。
一緒に遊ぶ女の子達が好きそうな色の服を、私は持っていなかった。


私、当時、5歳の時の事。
とあるショッピングモールで衣料品を見ていた時だ。
可愛い服達が積み重なったバベルの塔に、一瞥をくれる。
母親が手を引いて、その塔に足を踏みいれさせようとしている。
スカートもワンピースも、柔らかそうで甘そうで、私をクラクラとさせた。

「ミラちゃん、おいで」

子どもながらに、自分にはピンク色が似合うと思っていた。
しわがれた手が私に差し出したのは紫のイモ臭いジャージみたいなスカート。
よりにもよって、なんでこれなの。

「やッ」

それはペシンと払いのける。
母親は困ったように笑った。
じゃあ、何がいいの? と顔を傾げる。
ピンクよ! ピンク!
どうして分かってくれないの。
私は群がる女子児童達をかいくぐり、ピンクのワンピースを引っ掴んで、

「これ」

と、母親に見せた。
すると、

「え、全然似合ってない。やめなさい、やめなさい。あんたには、やっぱり地味な方が似合うわ」

私の中の少女像が、がらがらと音を立てて崩れ落ちたような気がした。



























3: ◆/BueNLs5lw 2017/03/06(月) 00:03:28.05 ID:f1fi0tX60


あの日から、可愛いものは可愛い人が着るべきだと思うようになった。
そして、それを見ることも一種癒しだと感じるようにもなった。
高校生になり、より一層、頑なに、意固地に、分厚く、もはや自分ではどうしようもないくらい、異常に。
私は女の子ではなくなった。

「委員長、ちょっと」

振り向きざま、眼鏡がずり落ちそうになったので、かけ直す。

「なんでしょうか」

「引きこもってる男の子がいるって前、話したの覚えてるかい?」

「はあ、そう言えば」

2年生に上がった時に、担任に言われた事を思い出す。

「これ、クラス新聞持って行ってくれないかな」

「あの、私、一応女子なんですけど?」

「え、関係ないでしょう?」

イラッとしたので、笑ってやった。

「ひえッ、ミラちゃん怖いよぉ」

「おっさん、女子高生の真似するのキモいですから止めてください」

「仮にも担任に向かって、おっさんはないでしょう?」

「はいはい。持っていくのは構いませんよ。ナニが起こっても知りませんけどね」

担任は一瞬キョトンとした。
それから、あっはっは! と腹を抱えた。

「ごめん、それはないわ!」

禿げかけたてっぺんをライターで炙ってうやろうかしら、この男。

続きを読む

関連のSS

76pt
妹「胸が大き過ぎてクラスメイトの男子達からいやらしい目線を感じる。そこで兄であるそなたの力を貸してくれないか?」兄「お、おう」
22pt
姉「弟が最近元気ない…」
16pt
劣等生「バブバブ」妹「お兄様どうちまちたか~?」
19pt
妹「お兄ちゃん、美味しそうな匂いがする家があるよ!」兄「ホントだ!」
21pt
妹「お姉ちゃんが天使?」
9pt
いろ鬼 (オリジナル百合)
21pt
妹「お兄ちゃんだーいすきっ!」
79pt
妹「ナマコかわいい...」兄「俺のナマコもかわいくない?」ポロン
7pt
A Rabbit's Life (オリジナル百合)【後編】
13pt
A Rabbit's Life (オリジナル百合)
43pt
妹「あ、お兄ちゃん…起きた?」
32pt
姉(28)「ねぇ弟、大事な話があるの」弟(18)「大事な話?」
13pt
天秤(オリジナル百合)
35pt
姉「あんたのせいだからね!」
65pt
妹「くすくす、私はお風呂に入りますよ兄さん」兄「いってら」
36pt
兄「これからチョコ作り?」妹「うん、兄貴も手伝ってね」
34pt
妹「ごめんなさい…お兄さんのお布団で…おねしょしてしまいました…」
44pt
妹「こらーッ!起きろーッ!起きないとセーエキ絞りとるぞーッ!」俺「ムニャムニャ!うーん!」
32pt
男友達「ゲームのようにラブコメ主人公は操作できない…か…」
13pt
ホラーゲーム中の俺「」ガクブル 姉「」太ももツマミー