SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

勇者「淫魔の国で風邪をひくとこうなる」

転載元:



関連記事
魔王「世界の半分はやらぬが、淫魔の国をくれてやろう」 

堕女神「私を、『淫魔』にしてください」 

1: 淫魔の国 ◆1UOAiS.xYWtC 2017/01/23(月) 00:15:49.35 ID:fQSRpZJAo


このスレはSS速報にて更新していた

の後日談です。

尚、板が変わった事によって酉は変わっておりますが本人です、後ほどでも告知いたします
ろくに書き貯めもできず、少量ずつですがひとまず毎日の投下になる事、ご容赦ください

それでは始めます

5: ◆1UOAiS.xYWtC 2017/01/23(月) 00:19:41.70 ID:fQSRpZJAo


*****

始まりは、城の廊下で起きた、たった一度の咳からだった。

勇者「――――――けほっ」

サキュバスB「……陛下? 大丈夫? お風邪ひいちゃいましたですか?」

勇者「いや……分からないから、近寄らない方がいい。“お手伝い”に戻れ。心配してくれてありがとう」

サキュバスB「誰が“お手伝い”ですか! でも、お具合悪かったら……言ってくださいね? 
         わたしの必殺、“ヒーリング☆フェラ”で治しちゃいますよ? おケガ以外なら何でも治っちゃうんですからね?」

勇者「気持ちだけ受け取るよ。無理はしない」

舌をぺろりと出し、いたずらっぽく微笑みながらサキュバスBは去っていく。
しかし、勇者は内心妙だと感じていた。
ここへ来て一年が経つのに……今のは、少し悪い咳だった。
喉に何かが絡んだり、空気の乾燥のせいではない。

勇者(……今日は、早く寝よう)

*****



























6: ◆1UOAiS.xYWtC 2017/01/23(月) 00:20:56.94 ID:fQSRpZJAo



次の日になると、起きてすぐ喉が荒れているのが分かった。
昨日は何もせずに寝たのに。
酒も断って、暖かくして眠ったのにも関わらず、喉の痛みが酷い。

勇者「……な゛ん、だ……ごれ゛……?」

水を飲んでも、咳払いをしても、荒れた喉が発声の邪魔をして、治らない。
イガが突き刺さったような不快感が、消えない。

堕女神「おはようございます、陛下」

勇者「ああ。……お゛……っ」

いつものように起こしに来た堕女神に挨拶しようとして、息が詰まり……喘鳴を含んだ、タチの悪い咳をしてしまった。

勇者「う゛、げほっ……! がふっ……!」

堕女神「え……!? へ、陛下?」

勇者「ああ゛……心配、しなくて……っ!!!」

7: ◆1UOAiS.xYWtC 2017/01/23(月) 00:21:38.76 ID:fQSRpZJAo



威嚇するように震えた咳とともに、喉に鋭い痛みが走った。
続けて、込み上げてくる熱と、胃へ向けて下りて行く熱の両方を感じた。
それは気管にまで入り込み、思わず咽て咳き込み……口から、“熱”の正体が吐き出されてベッドを汚す。

堕女神「陛下っ!」

赤く飛び散る、その飛沫を見たのは、一年ぶりに。
“魔王”との戦い、以来だった。

勇者「堕女神……だい……じょう、ぶ……だ……っ!」

落ち着けようと言葉を発しようとしても、言葉にならない。
彼女の呼びつけた近くのメイドが部屋に入ってくるまで。。

続きを読む

関連のSS

9pt
経営者「安価で冒険者ギルドを作るよ!」
12pt
占い師「ふむ、この赤子は将来は勇者だな、立派な名を付けよう」
27pt
魔王「300年前は不覚を取ったが、今度こそは…」
22pt
魔王「この空とともに旅をしよう」
24pt
勇者「圧倒的ッッ! 勇者ッッ!!」
20pt
剣王「戦争するぞ!」槍王「よかろう!」弓王「面白い!」斧王「受けて立つ!」
30pt
女神「魔王討伐のために聖器を授けましょう」
35pt
勇者「みんな狂ってる」
77pt
ショタ勇者「サキュバスの軍勢がすぐそこまで迫っている…皆は先に脱出して」
7pt
【安価】魔王「勇者の相手などするものか!俺はゲームをするぞ!」
15pt
魔王「勇者の相手などするものか!俺はゲームをするぞ!」
20pt
魔王「魔王の座を奪おうとしてくる奴らを捻り潰す日々」
11pt
【安価】魔王「魔王の座を奪おうとしてくる奴らを捻り潰す日々」
54pt
王「勇者のためにセーブポイントを設置してまいれ」村人「頑張りますだ!」
398pt
勇者「淫魔の国で風邪をひくとこうなる」
32pt
魔界神「なにこれ」四天王(水)「辞表ですが」
10pt
女騎士「騎士団長殺しが流行ってるんですよ」騎士団長「騎士団長殺し!?」
106pt
男「しっぽエルフに復讐をしようと思った」
37pt
勇者「魔王を倒しに行くよ!」母「行かせるかァッ!!!」
りゅうおう「もう一度元の世界に戻れるチケットだとぉお!!!」