勇者「淫魔の国で風邪をひくとこうなる」

転載元:

関連記事
魔王「世界の半分はやらぬが、淫魔の国をくれてやろう」

堕女神「私を、『淫魔』にしてください」






1: 淫魔の国 ◆1UOAiS.xYWtC 2017/01/23(月) 00:15:49.35 ID:fQSRpZJAo

このスレはSS速報にて更新していた


の後日談です。

尚、板が変わった事によって酉は変わっておりますが本人です、後ほど
ろくに書き貯めもできず、少量ずつですがひとまず毎日の投下になる事、ご容赦ください

それでは始めます


5: ◆1UOAiS.xYWtC 2017/01/23(月) 00:19:41.70 ID:fQSRpZJAo

*****

始まりは、城の廊下で起きた、たった一度の咳からだった。

勇者「――――――けほっ」

サキュバスB「......陛下? 大丈夫? お風邪ひいちゃいましたですか?」

勇者「いや......分からないから、近寄らない方がいい。“お手伝い”に戻れ。心配してくれてありがとう」

サキュバスB「誰が“お手伝い”ですか! でも、お具合悪かったら......言ってくださいね?
わたしの必殺、“ヒーリング☆フェラ”で治しちゃいますよ? おケガ以外なら何でも治っちゃうんですからね?」

勇者「気持ちだけ受け取るよ。無理はしない」

舌をぺろりと出し、いたずらっぽく微笑みながらサキュバスBは去っていく。
しかし、勇者は内心妙だと感じていた。
ここへ来て一年が経つのに......今のは、少し悪い咳だった。
喉に何かが絡んだり、空気の乾燥のせいではない。

勇者(......今日は、早く寝よう)

*****



続きを読む