【モバマス】双葉杏「ニートのひ」

引用元:

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 17:41:28.15 ID:gQ7Lb3PI0
四か月ぶりなので初投稿です。

SSWiki :





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 17:42:15.45 ID:gQ7Lb3PI0
ニートの日

杏「寒いねと君が言ったから2月10日はニート記念日。祝日なので杏は休みます」

P「言ってねえし祝日でもねえよ。ワケわかんねえこと言ってねえで早く布団から出ろ」

杏「ぎゃー! 布団を剥ぐな! 寒いって言ってんじゃん!」

P「寒いなら目が覚めるだろ。ちょうどいいな」

杏「そんなこと言って私を組み伏せる気なんでしょ。エロ同人みたいに」

P「しねーよ」

ネタがことごとくちょっと古い。定型なんてそんなものだが。

そしてそれらが通じてしまうのもちょっと悲しかった。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 17:43:18.20 ID:gQ7Lb3PI0
布団から引っぺがした杏は想像通り出掛ける準備などまるでできていなかった。

というか寝間着姿のままだ。もこもこだ。

あったかそうなかっこしやがって。

P「寒い寒いって、そんなんで何が寒いんだよ。俺の方がよっぽど寒いわ」

杏「冷えるのはむき出しになった手足の指先からなんだよ。ほら、着替えるから後ろ向いてて」

P「ははは。その貧相な身体で何を恥じらうと言うのかね」

杏「それセクハラ。事務所に訴えまーす」

P「冗談だよ冗談。つーかここにいること自体はいいわけだ?」

杏「時間ないっしょ。何事も合理化の時代だよ」

それはまぁ、こちらとしてはありがたいのだけれど。

大人しく後ろを向くと、恐らく着替え始めたのだろう、衣擦れの音が時計の針の音に混じった。

すりすり、すりすりと擦れ合う音。ただそれだけなのになんだか妙な生っぽさがある。

変な居心地の悪さを感じた俺は、意識を逸らすために適当な話を振ることにした。



続きを読む