SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

冬馬「大人の階段登る」

1 ◆7F/YYgK6TM:2017/03/02(木) 23:50:51.44 :4MT/4qEj0


※木星SSです。女の子要素一切ゼロです。

夜。この時期はまだまだ夜の冷え込みがつらい。
早く暖房が効いた場所に行きたくて、タクシーを降りて看板を確認してから
すぐさま店のドアを開けた。
待ち合わせ場所になっていた飲食店は、受付カウンターも寒かった。
外との出入りが多いからだろうか?早く奥のスペースに行きたい。

2 ◆7F/YYgK6TM:2017/03/02(木) 23:52:23.05 :4MT/4qEj0


――――

お連れ様はこちらです、と店員。
店員に会釈してから真っ黒のドアを軽くノックして開けてみる。

北斗「よっ、冬馬。お疲れ」

冬馬「…お、おう」

飲食スペースが個室になっている店は仕事柄よく打ち合わせ等で行くが、
プライベートではもしかしたら初めてだったかもしれない。

冬馬(なんだかちょっと緊張するぜ…)

居酒屋独特の明るくノスタルジックな雰囲気も
黒を基調とした個室も、それを際立たせるシックでおしゃれな照明も
俺には新鮮な環境だったが、北斗はすんなりと溶け込んでいた。
仕事はどうだった?という問いにそれなり、と返す。
北斗は軽く微笑むとメニューを広げた。

3 ◆7F/YYgK6TM:2017/03/02(木) 23:53:37.10 :4MT/4qEj0


北斗「じゃあ、最初はなに飲む?」

冬馬「そうだな…って、前言わなかったっけか?」

北斗「あぁ、そうだった。変にこだわらなくてもいいと思うんだけど…」

冬馬「いいだろ、最初の入り口はこれってイメージなんだよ」

北斗はそうか、と一言いい、壁の店員呼び出しボタンを押した。

4 ◆7F/YYgK6TM:2017/03/02(木) 23:56:47.60 :4MT/4qEj0


―――――
店員「お待たせしましたーこちらご注文の品になります」

冬馬「あれ、北斗も同じヤツ頼んだのか?」

北斗「まあ、一杯目はやっぱこれでしょ」

そういって、お互い二ヤリと笑いあう。
なんだか

北斗「じゃあ冬馬、かんぱ…」

冬馬「あっちょっと待て北斗!時計みろ時計!」

そう言って慌てて北斗を制す。壁付けされた時計を指さすと、
長針と短針は11と12の間で揺れていた。

5 ◆7F/YYgK6TM:2017/03/02(木) 23:57:47.17 :4MT/4qEj0


北斗「あぁ…ごめんごめん、まだほんの少しだけ早かったね」

冬馬「頼むぜ全く」

北斗「…冬馬はまじめだなあ」

北斗がからかうように言ってくる。
うるせ、と一言返す。
こんなやり取りも何回目になるのだろうか…
Jupiterが結成されてからそれなりに時間がたち、
北斗や翔太と過ごす日々も増えてきている。
結成当初はぶつかりあう事もあったが、ここ最近はいい関係を築けていると思う。
なにか思い出話でもするか、と思い立ったが、ちょうどいい話がなかなか浮かばない。
北斗も先ほどから少し俯きながら、なにかに思いを馳せるように遠くを見ている。
こいつはこいつで何か思うところがあるんだろうか?

続きを読む

関連のSS

15pt
【アイマス】P「こんなこと辞めてくれ!」響「うるさい!」【安価】
アナスタシア「Сириус」
13pt
【アイマス】美希「でこちゃんと倦怠期なの」
9pt
美希「でこちゃんと倦怠期なの」
5pt
【アイマス】P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」
15pt
P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」
8pt
【アイマス】律子「アナタのお悩み相談室!」まゆ「Q&A RADIOですよぉ」
64pt
律子「プロデューサー、今日もお願いします///」
55pt
【アイマス】P「俺と美希は喧嘩が絶えない」
38pt
P「俺と美希は喧嘩が絶えない」
【R-18】栗原ネネ「温泉旅館で」相葉夕美「リラックス」【デレマス】
35pt
【アイマス】P「アイドル達に言われたいセリフ」
36pt
P「アイドル達に言われたいセリフ」
13pt
【アイマス】P「貴音、美希、伊織、やよいが乗った車内で誰かが屁をこいた」
【SS】「北上麗花は二度刺す」
10pt
春香「は~は、春香の ハーハ ハルカノ」
13pt
【アイマス】春香「は~は、春香の ハーハ ハルカノ」
78pt
P「相手の名前を呼ばずに会話をしてみるとどうなるか」
40pt
【アイマス】P「相手の名前を呼ばずに会話をしてみるとどうなるか」
20pt
【アイマス】P「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ響ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」