陽乃「ほらほら比企谷くーん。めぐりも結構大きいよー」八幡「」


転載元:



1: ◆3pCIhha3Cw 2016/12/22(木) 20:00:00.84 ID:sbUb0R1G0

※最初だけ台本形式で別視点


陽乃「あ、めぐりー。こっちこっちー」

めぐり「遅くなってすみません」

陽乃「いやー、それにしてもめぐりに会うのも久しぶりだねー」

めぐり「ちょ、はるさん?」

陽乃「実はわたし、めぐりのおでこを触ったり、突いたりするのが読書や旅行に次ぐ隠れた趣味なんだ♪」

めぐり「はるさんったら〜」

陽乃「それでわたしに相談って?」

めぐり「れ、恋愛相談なんですけど......」

陽乃「恋愛かー、あまりわたしじゃお役に立てないかもねー」






























2: ◆3pCIhha3Cw 2016/12/22(木) 20:01:07.29 ID:sbUb0R1G0

めぐり「またまた〜、はるさんなら経験豊富だと思うんですけど?」

陽乃「それは褒めてる事にならないぞー」

めぐり「あぅ......」

陽乃「めぐりんとこの大学の友達に相談はしないの?」

めぐり「頼りにならないわけじゃないですけど、はるさんに相談した方がいいかなーって」

陽乃「ん〜、そう言われると聞かないわけにはいかないね♪」

めぐり「ありがとうございますー」

陽乃「それで? 相手はどんな人?」


めぐり「比企谷くんです」

陽乃「へ?」


3: ◆3pCIhha3Cw 2016/12/22(木) 20:02:10.42 ID:sbUb0R1G0

めぐり「あれ? 知ってますよね?」

陽乃「そりゃ知ってるよ。比企谷くんを?」

めぐり「はい......私、比企谷くんの事が好きです」

陽乃「......」

めぐり「最初は奉仕部の雪ノ下さん、あ、妹さんの方ですよ? と由比ヶ浜さんがいるから諦めてたんです」

陽乃「そうなんだ......」

めぐり「でも、あの三人が卒業してもどちらかとくっつく様子がないみたいで......」

陽乃「......そうだね」

めぐり「これはチャンスかな〜って思ってるんですけど、やっぱりズルいですか?」

陽乃「......そんな事ないよ」

めぐり「はるさん?」

陽乃「わたしも似たような事を考えてるから」


続きを読む