悟空「おいベジータぁ。おめぇ、目が真っ赤だぞ」ベジータ「なっ……!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/25(土) 22:53:08.732 ID:OQXvcrc50.net

ベジータ「ゴーグルをつけずにプールで遊んだせいか......!」

悟空「ほれ、ロートこどもソフト。使うだろ?」

ベジータ「あ、ああ......」

悟空「......」

ベジータ「......」

悟空「どうしたんだよ。目薬、点さねぇんか? 点さねぇんなら、返してくれ」

ベジータ「いや、使う......。目が真っ赤なのに放置したら、眼病になるからな」

悟空「だったらはやくしろって」

ベジータ「わ、わかっている! チッ、せかしやがって......! ......ふぅ」

悟空「......」

ベジータ「......ハァッ......ハァ、ハァ......! ぐぅ......!」ガクガク

ギュゥゥゥゥゥゥ

悟空「なあ、手が震えてねぇか? そんなに力いれてっと容器が――」

ベジータ「くそったれぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!」

ベキャッ ビチャァ

悟空「いぃ!? な、なんてことすんだよ! オラのこどもソフトが! あ~あ、潰れちまった......!」

ベジータ「だ、ダメだ......! オ、オレは目薬を点すのが大の苦手なんだ......! な、情けないぜ......!」

悟空「ベジータおめえ......その歳で目薬がこえぇんか?」



7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/25(土) 22:56:08.160 ID:OQXvcrc50.net

ベジータ「ああそうだ! 笑いたければ笑えばいいだろう......!」

悟空「べつに笑わねぇけどよぉ。どうすんだ? 目が真っ赤なのにほったらかしてっと、眼病になっちまうぞ?」

ベジータ「わかっている......! おいカカロット! 新しい目薬はないのか!?」

悟空「あるけどよ......また潰しちまわねぇでくれよ?」


ベジータ「ハァっ......ハァッ......! く、くそっ......! て、手が震えやがる......!」プルプル

悟空「そんなに目を細めてちゃ、目薬がうまく入んねえだろ。もっとこう、大きく目を開けろって」

ベジータ「わかっている! ゴチャゴチャ言うな!!!」

ベジータ「......い、いくぞ......! か、覚悟はできた......! 一発だ、一発で終わらせてやる......!」

キュゥゥゥゥ ピチョン

ベジータ「......っ!」

悟空「おっ。ハッハー! うまく点せたなぁ!」

ベジータ「くくく......はーっはっはっは! 見たか、カカロット! 目薬の野郎、馬鹿正直にオレの目へ落ちていきやがった......!」

ベジータ「いい気味だぜ......。せいぜい、オレの目を労わってもらう......!」

悟空「そんじゃ、もう2滴だな」

ベジータ「ナニィ!? も、もう2滴だと......!?」


続きを読む