男「しっぽエルフに復讐をしようと思った」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/21(火) 23:22:01.67 :34r8h3p00

男(戦争は終わった)

男(何十年と続いた多種族間の戦争は、全ての種族に等しく悲劇を撒き散らして終わった)

男(獣人のオーク、コボルト。人妖のエルフ、ドワーフ。そして人間)

男(戦争が終わっても、互いが歩み寄るまでには、しばらくの時間がかかった)

男(憎しみが消えてなくなったわけではない)

男(けれど、皆で約束を交わし、それぞれの立場を保障したことで、問答無用の殺し合いはひとまず生まれなくなった)

男(交流は復活した。通商も安定した。世界は平和になったように見える)

男(......しかし、平和の裏には犠牲がある)

男(種族間の取り決めは、確かにそれぞれの立場を保障したが、それは純血に限るものだった)

男(つまり、違う種族同士の間に生まれた混血、いわゆる非族には、何も保障されない)

男(命さえも)

男(だから)

しっぽエルフ「......」

男(運悪く非族として生を受けた者たちは、こうしてひっそりと、陽の当たらない場所に隔離され)

男(それのみならず、戦後経済を立て直すための大きな“商品”となって)

男(公然の秘密として、あちらこちらで売り買いされている)

男(それは格好の的だった)

男(虐げても、殺しても、誰も咎めない)

男(戦争が終わって、溜まった鬱憤の向かう先をなくした者たちは、捌け口を求めに来る)

男(やり場のない怒りを、その代替品にぶつけて)

男(痛めつけて、あるいは、殺して、積もった恨みを晴らそうとする)



しっぽエルフ「......」

男(たとえば、父を奪われた、この俺のように)


続きを読む