【アイマスSS】如月千早「冬の桜」


1: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/02/25(土) 00:15:32.31 ID:mE80kCkL0


2月の月末の休日。

私はある人と旅行に出かけました。

休日こそが営業日の職なので罪悪感を覚えますが、プロデューサーは笑顔で了承してくれました。

2: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/02/25(土) 00:17:03.39 ID:mE80kCkL0


新幹線と電車で2時間ほどの旅。あまり長くはないのですが、他愛もない会話さえ私たちには難しく、半ばで会話は尽きてしまいました。

ガタゴト揺れる車内、ぼんやり窓の外を見ると木々の合間合間に小さな家が見えます。


ここに住んでる人たちは日々どんなことを思ってるのでしょう?

ひっきりなしに訪れる騒音に、眉を顰めているのでしょうか?

それともその音に慣れてしまって、心地よく耳を傾けているのでしょうか?

普段の食べ物はどこに買いに行くのでしょう?

少なくとも車は必要だと思います。

でも、住んでいるのが車を運転するのは難しい高齢者だったら?


私の知らない暮らしに想いを馳せていると、車内のアナウンスが目的地の駅名を告げたようで、慌てて降りる準備をします。

同行者も何か物思いにふけっていたようで、慌てて荷物をまとめるのが見えます。2人で忘れ物がないのを確認し、電車をあとにします。


3: ◆uYNNmHkuwIgM 2017/02/25(土) 00:17:51.44 ID:mE80kCkL0


駅を出ると冷たい風がぴゅーっと吹き抜けました。思ったより寒くて1つ身震いすると、心配そうな声で同行者が言います。

千種「千早、寒いならこれを使いなさい」

そう言って差し伸べてくれたのは使い捨てカイロでした。それを受け取るとじんわりと温かさが伝わります。

千早「ありがとう......お母さん」

続きを読む