フリーザ「ここがナメック星ですか、さて、ドラゴンボールを探しに行きますよ」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/24(金) 00:30:23.726 ID:tRlN628GD.net

フリーザ「ほーっほっほ、さぁいきますよ、ザーボンさんドドリアさん」

ザ、ド「はっ」

部下1「フリーザ様、あちらの方角に数名の戦闘力が!村でもあるでは?」

フリーザ「ではそこに向かいましょう」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/24(金) 00:31:47.697 ID:tRlN628GD.net

長老「ん?どなたじゃな?」

フリーザ「ほっほっほ、私はフリーザと言う者です、貴方方のドラゴンボールを頂きに参りました」

長老「なんと...そうですか、誰かドラゴンボールを持ってきてくれんか」

フリーザ「ずいぶんと素直ですね、何か企みでもあるんでしょうか?」

長老「とんでもない、ただ...一つだけお願いを聞いてもらいたいのじゃ...」

フリーザ「ほう、その願いとは?」


5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/24(金) 00:33:23.586 ID:tRlN628GD.net

長老「我々ナメック人は異常気象でほとんどの者が死に絶えて今はこの星に僅かに生き残りがいるだけなのですじゃ」

フリーザ「ええ、情報でもそうありますね」

長老「はい、それで願いとは我々を守って頂きたいのですじゃ」

フリーザ「つまり私の部下、フリーザ軍の傘下になりたいと?」

長老「はい、敵の襲来や次にまた異常気象がおこらないとは限りません、そんな時に助けていただきたいのです」


6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/24(金) 00:34:19.656 ID:tRlN628GD.net

フリーザ「なるほど」

長老「その代わりに我々のドラゴンボールを貴方に差し上げますじゃ」

フリーザ「ほーっほっほ、それは願ったり叶ったりですよ、いいでしょう」

フリーザ「ではさっそくですがドラゴンボールの事を教えてもらいましょうか」


7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/24(金) 00:36:01.213 ID:tRlN628GD.net

長老「ドラゴンボールは7つ集めないといけませんのじゃ、この星に点在する村の長老がそれぞれ1つづつ持っておりますのじゃ」

フリーザ「ほう、7つですか、で、その1つが...」

村人「どうぞ、これがドラゴンボールです」

フリーザ「ほっほっほ、確かに受け取りましたよ」

長老「ちなみにフリーザ様はドラゴンボールにどんな願いをなさるつもりで?」

フリーザ「ほっほっほ、他愛のない願いですよ、不老不死が私の願いです」


続きを読む