俺「熱゛ぁあいい゛!!!助けでぇぇぇ!!!」チノちゃん「今助けます!!」


1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/22(水) 02:28:15.486 :7C2++zuaa.net

俺「背 ゙中っ... 燃え... 熱 ゙ぃいぎぃい早く助げっ...」ジタバタ

お前ら「チノちゃん、待ちなさい。こいつを見殺しにしたら、1千万あげるよ?」

チノちゃん「い、一千万?! それだけあれば、経営難のラビットハウスを立て直せます...!」

俺「ヂノぢゃん?!」ボゥゥッ


2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/22(水) 02:28:41.224 :7C2++zuaa.net

俺「まざが僕を見殺しにするつもりじゃないよね ゙ぇえ?! 」

チノちゃん「はっ...!そうです!!人の命はお金には変えられません!俺さんは私の大事な恋人です!!」

お前ら「これで俺をひと突きするたびに五百万やる」ナイフ スッ

チノちゃん「ご、ごひゃ...」

俺「ヂノぢゃんんぅ?!」ボゥゥウ


3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/22(水) 02:29:22.743 :7C2++zuaa.net

チノちゃん「ま、待ってください俺さん... よく考えればこれはチャンスです。ひと突き程度では死にはしませんし、治療費を差し引いても五百万円あればラビットハウスを立て直すくらいの金額は残ります!!」

俺「ぐぃぃっ.../// でもはやくしないと焼け死んじゃぅ...」ジリジリ

チノちゃん「火は後で消してあげますから!さっ...!刺しますよっ!!」

俺「ま、待って心の準備がま痛 ゙あ ゙ぐぁあ ゙ぃい ゙?!?あ ゙?!!」ブシャァァアアアアッ


続きを読む