勇者「魔王を倒しに行くよ!」母「行かせるかァッ!!!」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/21(火) 00:25:31.860 ID:miY38fl/0.net

勇者「ふぁぁ......」

勇者「おはよう、母さん」

母「あら、おはよう」

勇者「母さん、話があるんだ」

母「なあに?」

勇者「俺......魔王を倒しに行くよ!」

母「............」



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/21(火) 00:27:46.501 ID:miY38fl/0.net

勇者「どうしたの? 母さん」

母「お腹を痛めて産んだ......可愛い子を......魔王退治になど......」

母「行かせるかァッ!!!」


ビュオッ!

母の放った突きが、勇者の頬を切り裂いた。
かわしていなければ、勇者の顔面は陥没していただろう。


勇者「母さん!?」

母「我が子に危険な旅に出すくらいなら......いっそ死なせてやるのが親心!」

母「ゆくぞ......」

母「シェアアアアッ!!!」


3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/21(火) 00:28:48.491 ID:eNuIpIX7r.net

!?


4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/21(火) 00:29:52.178 ID:miY38fl/0.net

ベキィッ!

母親のローキックが勇者の足にめり込んだ。勇者の表情が歪む。


母「山をも倒壊させる我がローを受け、まだ立っているとは驚きだ!」

母「だが、戦いはこれからが本番!」


ビュオッ! ビュバババッ!


母親の突きの連打(ラッシュ)を、必死の形相でかわす勇者。

勇者(一撃一撃にとてつもない威力が込められている......!)

勇者(一撃必殺、どころか、かわしても避け方が悪ければ風圧で即死しかねない......!)


7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/21(火) 00:32:11.452 ID:miY38fl/0.net

戦いが始まってから一時間経過――

勇者はついに見つけた。
絶命弾の嵐の中にある、コンマ数秒のスキを。


母「シィィィッ!」


母親が蹴り技から、突き技を繰り出そうとする一瞬――


勇者「ここだァッ!」シュッ


ガシュッ!


勇者の右ストレートが、母親の顎を打ち抜いた。


母「あ......?」ガクンッ


続きを読む