ベジータ「くそ……カサブタが気になって集中できん」悟空「剥がしちまえよ」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/20(月) 00:02:15.675 ID:550Yk/oD0.net

ベジータ「ナニィ!? カカロット貴様......! 今、なんて言いやがった!」

悟空「い? カサブタが気になんだろ? だったらよ、剥がしちまえばいいじゃねえか」

ベジータ「か、カサブタを剥がすだと......!? な、なんて奴だ......! そこまで馬鹿だったとはな......!」

悟空「なんだよ。剥がしたらヤベぇんか?」

ベジータ「痛いだろう!」

悟空「そりゃいてえけどよぉ......カサブタが気になって修行に身が入らねぇんじゃ、しょうがねぇじゃねえか」

ベジータ「ぐぅ......!」

悟空「おしっ! そんじゃ、オラが剥がしてやっからよ。膝、出してくれ」

ベジータ「や、やめろ!!! 貴様のような不器用な奴に任せでもしたら......想像しただけでゾッとするぜ......!」

悟空「なんだよ、こえぇんか?」

ベジータ「怖いに決まっているだろう! カサブタを剥がす行為に恐れを感じないとすれば、それは感情が無い機械ぐらいだ......!」

ベジータ「あいにく、オレは人間だからな......! 見ろ! カサブタを剥がすと聞いただけで、鳥肌が立ちやがる......!」

悟空「そこまで言うなら剥がすのはやめっけどよ......修業はどうすんだ?」

ベジータ「......ええい! 剥がせないのなら、削り取るまでだ!」

ベジータ「盛り上がっている表面部分だけ削ってしまえば、オレがカサブタに気を取られることもなくなる!」

ベジータ「カカロット! 瞬間移動でヤスリを持って来い!!! 今すぐにだ!」

悟空「お、おう」



続きを読む