【俺ガイル】静「ちょうど10年か…」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 14:11:24.67 ID:sJYuRDlP0



高校の時の私は奉仕部のような部活動を2人で行っていた。

比企山(仮名)「うっす」

静(18)「おっす」

比企山「う~...寒いな...」

静「雪降ってるしね」

比企山「こんな寒い日なんかに依頼しに来るヤツなんか居ないだろうし今日は帰ろうぜ。運動部も休みだし」

静「依頼来るかもしれないじゃん、それにアンタは寒かろうが温かろうがいつも帰りたがるし」

比企山「無駄なことはしない質でな」

静「ただ単に面倒くさいだけでしょ」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 14:13:34.89 ID:sJYuRDlP0

比企山「心外だな。俺は必要とあればクソ寒い朝でも開店前の店に2時間並ぶ男だ」

静「それって、この前買ったプレステ2の話でしょ。無駄じゃん」

比企山「何を無駄として何を有意義とするかは個人の価値観によるだろ」

静「なんでもいいけどそれ社会じゃ通用しないからね」

比企山「うわぁ...働きたくねぇ...」

いつも通りの風景だったがこんな話がしたいんじゃなかった。

静「今日ってさ...アレだよね。2月14日だよね」

我ながら話の変え方が下手だと思った。

比企山「あぁ、世間ではバレンタインだなんだとうるさいな」

静「あの...さ...

丸2年の付き合いだしチョコを渡すくらいなんでもないって前の日の晩は自分に言い聞かせたな。

比企山「無駄と言えばバレンタインも無駄を極めたような行事だよな」

静「え?」

続きを読む