ラスボス「我が城で敵を殲滅する」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 00:07:31.09 ID:8m7l48QYO

ラスボス「最終決戦じゃ、このワシの城で憎きあ奴らとケリをつけようと思う。ここまでワシに多大な貢献をしてきた貴様ら四天王の働きを今回も大いに期待しておるぞ。」

幹部達「ははっ」

ラスボス「まずは貴様、この部屋にて奴らを待ち受けき奴らの戦力を分離させろ!」

四天王1「御意!私の業火であの逆臣共を焼き付くし必ず主の宿願果たしてくれましょう」

ラスボス「うむ!そして貴様は、戦略部屋にて軍師としてこの城全体の動きを常に把握し、隙あらばき奴らに兵や罠を差し向け混乱させろ!」

四天王2「はっ...この3000年あなた様の下で数々の戦いに勝利した私が、必ずしやいつものごとく最上の結果を献上致します。」

ラスボス「うむ、そして貴様はここでき奴らを待ち受け、暴れろ。ただただ力の限り暴れろ」

四天王3「フッ当然だ」

ラスボス「うむ、それでは貴様ら四天王の健闘を祈る!」

「ははっ!!」

男の娘「......え?俺は?」

ラスボス「......」

男の娘「重力操作できるよ?1mgから100tくらいまで自在に操作できるよ?俺のこと忘れた?認知症が早まったのおじいちゃん」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/31(火) 00:09:06.19 ID:8m7l48QYO

ラスボス「...ああ。ワシが貴様を忘れているわけなかろうが!貴様にはうってつけの仕事を用意しておる!」

男の娘「だよね♪」

ラスボス「地下最深階のワシの部屋に繋がる一直線の通路がある。万が一あ奴らがすべてを撃破しここにたどり着いた時、貴様が生きる」

男の娘「おお♪」

ラスボス「ワシのドアの前辺りの天井で待機し、人がきた時に天井から貴様の体重に任せて落下しろ!」

男の娘「はいっ......」

幹部2「おおっ素晴らしい!狭い通路故避けることもできず奴らは男の娘様の重みでぺっちゃんこ!愉悦愉悦!」

ラスボス「ああ、しかも最深部は耐久性があるから崩れることはない!」

幹部1「素晴らしい采配かと。私、主の臣下であることをただ誇りに思います。」

ラスボス「うむ、では配置に付け!」

「ははっ!」

男の娘「...ようするにドッスンじゃねえか!」

ラスボス「...え」

男の娘「そんなの俺ドッスンじゃん!俺である必要なくね?え?俺四天王だよね?」

ラスボス「ワシは認知症だから貴様が何を言っているかわからんのだが」

男の娘「うわっ根に持たれてた」

幹部1「口が過ぎるぞ同士、私たちは主の身体同然主の御言葉に従え。」

男の娘「ボス、マグマの部屋で幹部1に全身を炎で纏わせて360度グルグル回させようよ」

ラスボス「それはいいな、さっそく用意しろ幹部1」

幹部1「初期マリオのクッパ城でグルグル回ってる火の棒じゃない!絶対いやだ!」

男の娘「ほらみろ!」


続きを読む