最原「赤松さんが盲腸!?」 東条「私が救ってみせるわ!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/26(木) 22:40:05.33 :2jaSbyeD0

最原「赤松さん、おはよう」

赤松「おはよう、最原くん。」

最原「皆、朝食を食べに食堂に行ったから、僕達も行こうか?」

赤松「そうだね!」

食堂

最原「おはよう。」

百田「おう、最原に赤松。おはよう」

赤松「おはよう」

東条「おはよう。朝食の用意は出来てるわ! 洋食か、和食・・・どちらか好きな方を選んでちょうだい?」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/26(木) 22:46:16.92 :2jaSbyeD0

赤松「うんうん。さすがは東条さん、料理が美味いね!」モグモグ

最原「ははっ。超高校級のメイドだから、料理の腕が良いんだよ」

赤松「そうそう。今日はどこを探索s・・・うっ!?」

最原「そこは赤松さんが・・・って、赤松さんっ!?」

赤松「あっ・・・あぁ・・・いたたっ!!」

最原「赤松さんっ、どうしたの!?」

食堂にいる他の生徒達「!?」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/26(木) 22:53:04.44 :2jaSbyeD0

赤松「いたたたっ・・・」

最原「赤松さん!?」

百田「なんだなんだっ、どうした?!」

東条「赤松さん、どこか痛むのかしら?」

赤松「お、お腹が・・・右の脇腹辺りが・・・」

獄原「赤松さん、大丈夫っ!?」

白銀「今、お腹とか、右の脇腹って言わなかった?」

東条「腹痛? もしかして、食あたりなのかしら!?」

茶柱「ですが、転子が見る限りはただの食あたりではなさそうですが・・・」

春川「・・・・・・」

キーボ「とりあえず、どうすればいいんでしょうか? このまま赤松さんを放っておくなんてできませんし・・・」


続きを読む