氷魔女「氷魔法使いは常に冷静でなければならぬ」

1:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/26(木) 01:05:11 ID:tCDtQHVs

< 氷魔女の家 >

氷魔女「氷魔法使いは常に冷静でなければならぬ」

見習い魔女「はいっ!」

氷魔女「冷静になれば、魔力で生み出したこの氷の板を100枚並べることすら容易い」

氷魔女「よく見ておくがいい......」スッスッ...

順調に氷の板を立てて並べていく。

見習い魔女「すごいすごい! あと10枚で100枚ですよ!」

氷魔女「あ、あと10枚か......!」ハァ...ハァ...



2:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/26(木) 01:07:12 ID:tCDtQHVs

氷魔女「95枚......96枚......」スッ...

見習い魔女「先生、しっかり!」

氷魔女「きゅ、97......」プルプル...

次の瞬間――


パタタタタタタタタタタタタッ...


氷魔女「あ......あああああああああああっ......!」

100枚を目前にして、氷の板は全て倒れてしまった。


3:以下、名無しが深夜にお送りします 2017/01/26(木) 01:09:57 ID:tCDtQHVs

氷魔女「また......失敗か」ガクッ

氷魔女「私はどうして、肝心な時になると冷静さを失ってしまうんだ......」

見習い魔女「......大丈夫ですよ! きっといつか100枚立てられる日が来ますよ!」

氷魔女「励ましてくれるか......ありがとう」

見習い魔女「それと、今日は山を下りて町に行く日ですよ」

見習い魔女「元気を出して、さっそく準備しましょう!」

見習い魔女「先生の魔法を必要としてる人はいっぱいいるんですから!」

氷魔女「うむ......そうだな」


続きを読む