幼女「お医者さんごっこするれす」 メイド「嫌です」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 01:01:08.99 ID:7z6gfKS20

幼女「私のしょうらいの夢はりっぱなお医者さんになることれす」

メイド「はい」

幼女「共和国くっしの名医であるお母様みたいになりたいのれす」

メイド「きっとなれますよ、お嬢様なら」

幼女「今はまだ20くらいしか文字がよめないけれど、いっぱい勉強してがんばるのれす」

メイド「頑張ってくださいね」

幼女「というわけで、お医者さんごっこするれす」

メイド「嫌です」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 01:08:05.84 ID:7z6gfKS20

幼女「なぜ嫌なのれすか?」

メイド「職務外ですので」

幼女「メイドの仕事は私のお世話......違うれすか?」

メイド「違いませんね」

幼女「なら私の言う事を聞くのも仕事のうちれす」

メイド「いいえ、私の今の最優先事項はお嬢様にご飯を食べていただくことです」

幼女「むう」

メイド「さあ、今日の夕食を持ってきますので、しばらくお待ちください」

幼女「お母様は一緒に食べないれすか」

メイド「ご主人様は隣町の流行り病を調べに行っておられます、今日はお戻りにならないかと」

幼女「流石はお母様なのれす?」

メイド「そうですね、ご立派です」

メイド「お嬢様も沢山ご飯を食べて早く成長しないといけませんね」

幼女「はー、気が乗らないのれす」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 01:14:17.20 ID:7z6gfKS20

メイド「はい、こちらが本日のご夕食です」

幼女「はー......やっぱりなのれす」

メイド「何かご不満でも?」

幼女「......何時も言ってるのれす」

幼女「このお皿の真ん中にあるのは、何れすか」

メイド「何って......」


肉「オラァ」


メイド「ステーキですが」

幼女「はぁー......」

メイド「ちゃんと噛み切れるよう切れ目も入れてますから大丈夫ですよ」

幼女「お肉とか、ないれす、ありえない」

幼女「もっとアスパラガスとかピーマンとか持ってくるれす!」ドンドン

メイド「何でお嬢様は全国の子供が食べたがらない野菜を率先して摂取しようとするのですか」

幼女「好きだからに!決まってるのれす!早く!持ってくるのれす!」ドンドンドン

メイド「お肉を食べないと大きくなれませんよ」

幼女「ううー......」ギリギリ

メイド「ご主人様からも厳重に命令されていますので、好き嫌いをなくさせるようにと」

幼女「......」


続きを読む