「銀色の妖華」【咲-Saki-】


1:以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2016/12/10(土) 19:57:18.86 :yO+T1JHt0

「あ、え・・・!?」


目を覚ました俺はギョッとした。

天井が鏡張りになっており、そこに全裸の自分が映っていたからだ。


「... 京太郎、おはよう」ムクッ


鏡の中、俺の胸の上に頭をのせていたシロさんがモゾモゾと動き出す。

枕元の時計を見ると... もう午前九時を回っていた。


「おはようございます... ここ、天井鏡張りになってたんすね」

「...え? 今、気がついたの?」


しゃべりながら、シロさんは伸びあがり、俺の口に自分の唇を合わせてきた。

柔らかい舌が侵入してきて、俺もソレに自分の舌をからませて応える...


「ん...///」


さびれたラブホテルの一室・・・

くちゅくちゅという唾液がからまる音と一緒に、シロさんの甘い吐息が俺の耳をくすぐる。

そして... 股間にシロさんの手が伸びてきて、細いしなやかな指が触れた。


「ほら、大きくなあれ・・・w」シュッシュッ


シロさんの手の動きに反応して、ペニスがまた熱くたぎっていく...


京太郎(昨日4回も出したのに... まだ勃つのかよ、俺のチ〇コは...)


などと思う間もなく、俺は思わずうめき声を漏らしていた。

下にさがったシロさんが、俺のを口に含んできたのだ...


続きを読む