岡部「犠牲となった全てのラボメンに……『顔射』を」紅莉栖「は?」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 21:22:17.03 :fds4RWMz0

VIPに投稿していたらスレが落ちてしまったので、こちらに投稿させて頂きます。

岡部「世界は再構成される!!......うっ」ドピュッ

紅莉栖「きゃああああああ!?」

岡部「フハッ!」ドピュッドピュッ

紅莉栖「きゃあ!?きゃああああ!?!??」

岡部「フゥーハハハハハハハハッ!!!!」
ドピュピュピピュッ

紅莉栖「やめっ......もうやめっ......きゃああ!?」

岡部「ふぅ......次に行くか」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 21:23:05.97 :fds4RWMz0

ルカ子「あ、岡部さん......じゃなくて凶真さん、どうしたんですか?」

岡部「別にどうということはない。俺は......顔射しに来ただけだ」

ルカ子「が、顔射って、あの......僕、男ですよ?」

岡部「男だろうが女だろうがそんなことは関係ない。そんなことはどーでもいい!」

ルカ子「岡部さん......」///////

岡部「そらっ!」ドピュッ

ルカ子「ひゃんっ」

岡部「ふぅ......ルカ子よ、合言葉を忘れているぞ?」

ルカ子「あっ......えっと......エル・プサイ......子種狂い?」

岡部「......コングルゥだ」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 21:23:51.42 :fds4RWMz0

鈴羽「あ、岡部倫太郎!ちーっす!」

岡部「バイト戦士......そう言えば貴様は自称戦士だったな?」

鈴羽「自称じゃなくて正真正銘の戦士だよ!」

岡部「ならば、覚悟は出来ているな?」

鈴羽「へ?」

岡部「うりゃ!」ドピュッ

鈴羽「ぷはっ!?もぉー!何なのさいきなり!髪がベタベタになっちゃったじゃないか!」

岡部「ふむ......この状況下で真っ先に出た文句がそれか。......確かに、貴様は正真正銘の戦士のようだな。それでは、次に向かうか」


続きを読む