SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

【モバマスSS】あやかし事務所のアイドルさん【文香(?)】

1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:24:19.80 :gPo46jNX0

※注意事項※
このSSはアイドルマスターシンデレラガールズの二次創作です。

ですが、登場するアイドルの多くが妖怪という設定になっております。

それでも構わない、人外アイドルばっちこい!という方のみご覧下さい。

2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:24:50.87 :gPo46jNX0


むかしむかし、ある所に人の記憶を食べる名もない一匹の妖怪がいました。

彼女は食べた記憶を本に纏めるのが生きがいでした。

ある時には鬼退治の話を。

ある時には冒険の話を。

ある時には悲恋の話を。

ある時には合戦の話を。

住処にはどんどん本が積み重なっていきます。

いつからか書の香りが染み込んだ彼女は、自分に『文香』と名前を付けました。

3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:25:24.92 :gPo46jNX0


記憶を奪ってしまうことに罪悪感もありましたが、食欲を抑えることはできません。

住処の本を読み返すことに飽きては外に出て、記憶を食べては書に記す。

そんな生活を何百年も続けていた彼女はある日運命に出会います。

『アイドルに興味はありませんか?』

これはそこから始まる物語。

人ならざる者たちが集う、とあるプロダクションのおはなしです。

4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:25:52.99 :gPo46jNX0


あやかし事務所のアイドルさん プロローグ

5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:26:26.98 :gPo46jNX0


「アイドル……ですか?……私が?」

「はい、もしよろしければ話だけでも聞いていただけないかと…」

突然の申し出に少し驚く文香でしたが、暇つぶしにはなるだろうと話を聞くことにしました。

話を聞いてから青年の記憶を自分と出会ったことも含めて食べてしまえばいいのですから。

これまでにも何度となく行ってきたこと、証拠隠滅なんて文香にとっては朝飯前なのです。

…朝飯前のはずでした。

6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:27:29.59 :gPo46jNX0
続きを読む

関連のSS

27pt
モバP「かちかち山」
32pt
渋谷凛「これAmazonで買ったんだ」鷺沢文香「アマゾンで……!?」
5pt
柑奈「かんなつき!」夏樹「ロックだな……!」
32pt
新田美波「だから私は、志希ちゃんが嫌い」
18pt
吉岡沙紀「アイドルすけこまし大作戦っすか?」
27pt
【モバマスSS】続・あやかし事務所のアイドルさん
9pt
高森藍子「カフェで加蓮ちゃんを待つお話」
9pt
【モバマス】白菊ほたる「由愛ちゃんと色の話」
48pt
智絵里「さ、紗枝ちゃんがPさんの匂いを嗅ぐのを止められない……!」
37pt
輿水幸子「なんですかこれは!」
16pt
鷺沢文香「逆光の園」【モバマス】
14pt
鷺沢文香「逆光の園」
23pt
紗枝「シリウスに手を伸ばす」
21pt
北条加蓮「カフェに1人で来た日の話」
53pt
晶葉「できたぞ助手! アイドルの言葉が伏字になるスイッチだ!
53pt
【デレマスSS】森久保乃々「旅くぼ」モバP「リトルバスツアーズ!」
41pt
中野有香「ツッコんでほしい?」 水本ゆかり「ええ」
66pt
五十嵐響子「信じて送り出した沙紀さんがドスケベお色気の術にドハマりして…」
44pt
高森藍子「私の属性?」橘ありす「パッションですよね?」
16pt
日野茜「モバPさんのコントロールフィールドを破壊してやりました!!」