【モバマスSS】あやかし事務所のアイドルさん【文香(?)】


関連SS








1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:24:19.80 :gPo46jNX0
※注意事項※
このSSはアイドルマスターシンデレラガールズの二次創作です。

ですが、登場するアイドルの多くが妖怪という設定になっております。

それでも構わない、人外アイドルばっちこい!という方のみご覧下さい。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:24:50.87 :gPo46jNX0

むかしむかし、ある所に人の記憶を食べる名もない一匹の妖怪がいました。

彼女は食べた記憶を本に纏めるのが生きがいでした。

ある時には鬼退治の話を。

ある時には冒険の話を。

ある時には悲恋の話を。

ある時には合戦の話を。

住処にはどんどん本が積み重なっていきます。

いつからか書の香りが染み込んだ彼女は、自分に『文香』と名前を付けました。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:25:24.92 :gPo46jNX0

記憶を奪ってしまうことに罪悪感もありましたが、食欲を抑えることはできません。

住処の本を読み返すことに飽きては外に出て、記憶を食べては書に記す。

そんな生活を何百年も続けていた彼女はある日運命に出会います。

『アイドルに興味はありませんか?』

これはそこから始まる物語。

人ならざる者たちが集う、とあるプロダクションのおはなしです。


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:25:52.99 :gPo46jNX0

あやかし事務所のアイドルさん プロローグ


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/12(木) 01:26:26.98 :gPo46jNX0

「アイドル......ですか?......私が?」

「はい、もしよろしければ話だけでも聞いていただけないかと...」

突然の申し出に少し驚く文香でしたが、暇つぶしにはなるだろうと話を聞くことにしました。

話を聞いてから青年の記憶を自分と出会ったことも含めて食べてしまえばいいのですから。

これまでにも何度となく行ってきたこと、証拠隠滅なんて文香にとっては朝飯前なのです。

...朝飯前のはずでした。


続きを読む