犯人「推理小説家にでもなったらどうです?」探偵「なんだとォ!?」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 22:34:55.79 ID:HL8DMduQo


探偵「......以上の推理により、誰が犯人なのかは明白!」

富豪「誰なのじゃ!? 当家の家宝である宝石『真実の瞳』を奪ったのは!」

探偵「宝石はその名の通り、真実を映し出すようです」

探偵「今の推理を実行できるのはただ一人......」

探偵「――あなたですよ!」ビシッ


犯人「なっ!?」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 22:37:00.56 ID:HL8DMduQo


刑事「キサマか! 逮捕だ、逮捕する!」

犯人「ま、待って下さいよ、刑事さん」

刑事「む......」

犯人「たしかに今の推理はよくできている」

犯人「犯行が可能なのは、このボクしかいないだろう......」

犯人「ただし......今の推理が真実ならば、ね」

探偵「......どういう意味です?」

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 22:39:46.58 ID:HL8DMduQo


犯人「決まってるでしょう? 今の推理には肝心の証拠がないんですよ、証拠がァ!」

探偵「!」

犯人「どんなにうまく組み立てられた推理でも、証拠がなきゃしょせん机上の空論!」

犯人「よくできた作り話でしかない!」

犯人「なぁにが、真実を映し出すだ! キザったらしいこといいやがって!」

犯人「そうだ、いっそ推理小説家にでもなったらどうです?」

探偵「なんだとォ!?」

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 22:43:16.73 ID:HL8DMduQo


探偵「俺だって......俺だってなぁ!」

探偵「本当は推理小説家になりたかったんだよォ!」

犯人「な、なに......?」

探偵「俺は子供の頃から推理小説が大好きでさ」

探偵「国内の作家も海外の作家も、あらゆる推理小説を読んださ!」

探偵「読んで読んで読みまくったさ!」

探偵「読んでるうちに、自分でもこういうのを書いてみたい、と思うようになった!」

続きを読む