相川千夏「谷崎潤一郎の」鷺沢文香「代表作は」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/11(水) 21:27:22.12 :xT5f6vGao

千夏「痴人の愛ね」

文香「ふふっ」


※キャラ崩壊とお下品な話注意


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/11(水) 21:37:31.76 :xT5f6vGao

千夏「痴人の愛は13歳差の愛の物語」

文香「文豪とは偉大な人たちですね」

千夏「独身の男、譲治はある日カフェで見かけた生娘のナオミを自分好みの女に育ててようとする」

文香「しかし次第に美しく妖艶になっていくナオミは譲治を逆に支配しようとしていく」

千夏「全く、こんな作品が文学作品扱いだなんてこの国はどうかしているわね」

文香「本心は」

千夏「私も唯ちゃんに支配されたいわ」

文香「奇遇ですね。私もです」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/11(水) 21:46:39.90 :xT5f6vGao

千夏「まさか貴女も唯ちゃんを狙ってるの?」

文香「御冗談を。ありすちゃんに決まってます」フンス

千夏「ふふっ、知っているわ」

文香「私たちはお互い年の離れた女の子を愛でる淑女」

千夏「世間に知られてはならないル・ジャルダン・スクレ」

文香「くすっ」ペラッ

千夏「ふふっ」ペラッ


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/11(水) 22:00:13.89 :xT5f6vGao

文香「千夏さんはお相手が高校生ですからまだ世間からの風当たりも強くないでしょう」

千夏「そんなことないわ。社会人とJKが付き合っていると考えてみなさい」

文香「背徳感が出ますね」

千夏「例えば日々のレッスンが終わった後、私がお金を出すからと唯ちゃんと一緒にサウナに行ったとするわ」

文香「ふむ」

千夏「これを意訳すると」

千夏「成人した社会人が日々の疲れを癒してもらうために、顔なじみのJKと一緒にお互い裸で汗をかいてスッキリしようとお風呂屋でお金を出した」

千夏「になるのよ」

文香「これはいけませんね!」

千夏「そうでしょ?」ペラッ


続きを読む