【Aqours昔話】ルビィ「一寸ルビィ」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:44:33.15 ID:3SSw7FPr.net

昔昔あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

善子「ばあさんや」

花丸「あいあい、なんだねじいさん」

善子「何故に私達には子供がいないのかしら!?」

花丸「そんな事言われても......」

2人には子供がいませんでした。

善子「こうなったらヤケよ!神にでも何にでも縋るわ!」

困った時の神頼みです。



3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:47:31.57 ID:3SSw7FPr.net

すると神様が

果南「うむうむ、2人とも困っているようだから子供をあげよう」

などと言い、力を使うと――

善子「子供よ!!」

花丸「ホントに子供ずら!!」

ルビィ「うぇぇぇぇん!!」ビャービャー

子供が生まれました。
ただし、その赤ちゃんはおじいさんの親指程の大きさしかありません。

善子「この子の名前は......一寸ルビィよ!」

花丸「キラキラネームずら?」

善子「かっこいいじゃないのよぉ!」

どうやらおじいさんの感性は人とズレているようです。

善子「いいじゃない!」


4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:50:25.00 ID:3SSw7FPr.net

それから月日が経って......

ルビィ「あのね、ルビィも都に行って働きたいんだ」

善子「それは......」

花丸「いいんじゃない?」

善子「ずら丸!」

花丸「本人はこんなにやる気があるずら。それを止めるのはちょっと......」

ルビィ「ぅ...」

善子「......はぁー、分かったわよ。ただし危険なことはしないように、ね?」

ルビィ「うん!」

2人からの許可も出ました。


続きを読む