SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

ヒーローとその姉(オリジナル百合)

2 : ◆/BueNLs5lw - 2016/12/10 21:47:40.52 IKEcAqUy0 2/50

おかしい。笑ってしまうくらいだ。
今の今まで、絶対に会わないようにしていたのに。
ひろ君から聞き出した情報によって、彼女と絶対に接触しない怪しげな裏路地を使ってきたのに。
いや、そもそもこれは本当に彼女だろうか。
だって、これは、あまりにも、

「小さ……」

呟いた瞬間、鳩尾に頭突きを食らった。
間違いない。この手の早さは、

「うぐッ……ちあきさん……や。間違いない……」

この推定身長140cm前半くらいのこんまい少女は、恐らく大学1年生になっているであろう森久保ちあきさんだ。

「ちあきさんですけど、何か不満があるの?」

その背丈に似あう可愛らしい声で、ドスを利かせるちあきさん。

「ありませ……ん」

私は膝をついて、ちあきさんの前になぜかひれ伏すようなポーズでしゃがみ込んでしまった。
ふいに、煙たい匂いがして顔を上げる。

「ごめん、絵(かい)ちゃん」

「い、いいよ……想定してた」

ひろ(正義)君が、足元で何か踏みつぶしつつ言った。
見ると、ひろ君の顔は真っ赤に腫れていた。
ああ、そういうことか。
こいつ中1のくせにタバコ吸いやがったのか。
合点がいった。
ひろ君は半ば笑いながら、二歩、三歩後ずさって、

「ごめん、姉ちゃん、俺呼ばれてるから先行くねッ」

と両手をポケットに突っこんだまま、繁華街に向かって走っていった。

「ひろ君、待ちなさい!」

ちあきさんが地面に落ちていた空き缶を拾って、放り投げる。
綺麗な放物線を描いて、コーンッ、と見事にひろ君の頭に当たる所、さすがと言うべきか。
けれど、小さく悲鳴をあげながらも頭を抑え、ひろ君は人込みに消えていったのだった。

3 : ◆/BueNLs5lw - 2016/12/10 23:09:57.85 IKEcAqUy0 3/50

ちあきさんが吐いた溜息が頭上から降って来た。

「あの子は、ほんとに……」

私も、とばっちりを受ける前に立ち去りたい。
何も見てません。
何も知りません。
音も無く、後ずさりする。

「絵ちゃん、どこ行くの」

「え、えー……私、ちょっと塾に」

「そんな柄じゃないでしょ。久しぶりなんだから、ちょっと弟のことについて聞きたいんだけど」

「それって、思い出話って言うよりも、取り調べみたいな」

「違いますけど」

森ガールみたいな可愛い服装の癖に、警察官が現行犯を捕まえた時の表情で、両手を拘束される。

「わ、私何も知らないよ? ひろ君と最近つるんでなかったし」

腕力自体はそんなにないのに、この拘束力はなんなのだろうか。

「じゃあ、それまでのことでいいから教えなさい」

ひえっ。

続きを読む

関連のSS

ぼく「俺ちょっと出かけるけどパソコン勝手に触んなよ」妹「うん!!わかったー」
16pt
姉「映画見たい」俺「そうか」 姉「一緒に行こう」俺「いやだ」
11pt
姉「映画見たい」俺「そうか」姉「一緒に行こう」俺「いやだ」
23pt
俺「うわっ!妹が死んでる!」妹「ざんねーん!生きてました!ドッキリでーす!」俺「おい…おい妹しっかりしろおおおお」妹「…あれ?」
46pt
兄「おかえり」 妹「ただいまぁー…って、兄貴なんでうちの部屋におっと!?」
21pt
ヒーローとその姉(オリジナル百合)
37pt
妹「トイレついてきて」 俺「一人で行けよ」
14pt
兄「俺は、兄。しがない兄さ」弟「しがない兄ってなんだよ」
19pt
兄(11)「サンタさんじゃよ~」 妹(8)「うわぁ~ちっちゃいサンタさんだ!」
13pt
ゲーマー妹「………」ポチポチ お前ら「今なら>>3してもバレないんじゃね?」
29pt
妹「あーらすてきなお兄さん。ぱふぱふはいかが?」
10pt
妹「なんで勉強って辛いんだろう。死にたい」兄「はげまさなきゃ」
16pt
花売りの姉妹
22pt
不良「おうおうイチャついてんじゃん?」 俺「やれやれ…」 妹「なっ…」ガクブル
22pt
妹「なんの為に勉強ってやんの?片腹痛い」兄「敗者さん行かなきゃ」
44pt
従姉妹(11)「にーちゃんにーちゃん! お小遣いちょーだい!」
10pt
埋もれる日々 (オリジナル百合)
52pt
妹「お兄ちゃん、今日も頼めるかな……?」兄「分かった」
7pt
サトリちゃん (オリジナル百合)
31pt
妹「お兄ちゃん…お兄ちゃん…」グチュグチュ