老師「後継者が欲しいなぁ。どこかに弟子入りしてくれる可愛い女の子はおらんかの」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 20:01:08.94 ID:s0opsAUPo

―山頂 小屋―

老師「......」

老師「キェェェェイ!!!」バキィッ!!!

老師「ふぅ......。今日のマキ割り、終わり」

老師「......」

老師(世捨て人となり、幾星霜。武術を極めはしたものの、これといって益になることはなかった)

老師「ふんっ!!」

ドォォォン!!

老師(岩をも砕く拳を手に入れても、ワシを慕う者が現れることもなかった)

老師「虚しいの......。力など、渇望するべきではなかったのかもしれぬ」

老師「はぁ......」

老師(積年の成果をこのまま朽ちさせるのも惜しいな)

老師「後継者が欲しいなぁ。弟子が欲しい」

老師「それもただの弟子ではない」

老師「可愛い女の子がええのぉ」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/02(月) 20:09:36.86 ID:s0opsAUPo

老師「よっこいせっと」

老師(待てど暮らせど、この頂に来る女の子はおらんし。やはり、自分から山を下りるしかないのか)

老師「メンドーなんだけどなぁ......かわいい女の子が登山がてらやってこないものか......」

「たのもー!!!」

老師「む......。誰だ」

青年「失礼します!! 貴方の噂を聞いてやってきました」

老師「ほぉ?」

青年「自分を弟子にしてくれませんか!!」

老師「野郎に興味はない」

青年「は?」

老師「帰ってくれんか。山の麓には評判の良い道場があると耳にしたことがある。そこで自分を高めるが良い」

青年「いえ、自分は貴方に教えを乞うために......」

老師「喝!!」

青年「ぐっ......!? な、なんて威圧......」

老師「去れ。ワシは野郎の弟子などとらんっ!!」


続きを読む