【Aqours昔話】花丸「うらし丸」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 22:36:10.32 ID:dssItdNl.net

昔昔ある村に、心の優しいうらし丸と言う少女が住んでいました。

花丸「ずら~」ノンビリ

ある日うらし丸が海辺を通りかかると、子供達が亀を虐めていました。

花丸「なにをしているずら!」

千歌「うるさいなぁ」

曜「私達が捕まえたから好きにしていいんだよ」

梨子「ということですので」

花丸「違うずら」


花丸「甲羅に傷を付けたら売値が下がるよ!」



2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 22:38:55.12 ID:dssItdNl.net

あれ......?
うらし丸って心が優しかったのでは?
きっと気のせいですね、では今の状況を――

千歌「どゆこと?」

花丸「皆はその亀を売るつもりでしょ?」

曜「うん、だからこうやって殺そうと」

ピギィ!?

花丸「甲羅に傷が付いていて、尚且つ死んでたら売値はだいぶ下がるずら。もう既に傷がある状態だから結構低いよ?」

ああ......見間違いでは無かったのですね......


3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 22:41:08.95 ID:dssItdNl.net

梨子「そうなんだ......じゃあどうする?」

千歌「高く売れないなら要らなーい」

曜「私も」

ホッ

花丸「じゃあオラが貰っていい?勿論お金は少し出すよ」

梨子「ホント!?」

千歌「やったぁ!」

子供達は大喜びでうらし丸と取引をしました。

哀れ亀......


4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 22:44:03.09 ID:dssItdNl.net

ようちかりこ「じゃあねー!」

子供達は元気に去っていきました。
残ったうらし丸はと言うと......

花丸「どうやって食べようかなぁ......」ジュルリ

亀を食べるつもりのようです。

ルビィ(亀)「止めてぇ!」

花丸「ずら?」

なんと亀が喋りました。

ルビィ「私を食べても美味しくないよぉ......」シクシク

花丸「そんなの食べないと分からないずら」

なんという鬼畜。


続きを読む