海未「空の箱に生きたネコを入れます」 ことり「うん」

2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:12:42.22 ID:MLo8XXuE
海未「その箱の中は、ある確率で毒ガスが生じるようになってるんです」

ことり「えっ......かわいそう......」

海未「すると、箱の中のは毒ガスが出ているか出ていないか」

海未「言い換えれば、ネコは生きているか死んでいるか。そのどちらかですよね」

ことり「うん」

海未「つまり箱の中では、ネコは死んでいて、かつ生きてるんです」

ことり「うんうん」

海未「そこで、私は考えました」

海未「まったく同じ二つの箱を用意して、一つの箱に穂乃果を。もう片方に凛を入れます」

ことり「え............それで?」

海未「二つの箱を素早く混ぜて、どちらか一つを開けることにします」
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:16:06.72 ID:MLo8XXuE
海未「この時、箱の中には穂乃果が50%、凛が50%で入っています」

ことり「..................あっ」

ことり「ま、まさか―――」

海未「そうです!箱の中は穂乃果でかつ凛なんです!」

ことり「す、すごい!つまり箱を愛でれば......」

海未「ええ、穂乃果と凛を同時に愛でたことになります!」

ことり「海未ちゃん天才!」

海未「ふふん!さっそく箱を用意しましょう」

ことり「うん!」
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 23:18:23.41 ID:MLo8XXuE
ことり「――っは!待って海未ちゃん!」

海未「どうしましたか?」

ことり「もう片方の箱はどうなってるの?」

海未「もう片方も同じです。穂乃果かつ凛です」

ことり「......と、ということは!」

海未「ということは......?」

ことり「穂乃果ちゃんは、二つの箱に同時に存在してるっ!」

海未「あ............ああっ!その通りです!!」

ことり「穂乃果ちゃんが!」

海未「増えてます!」
タグ:
続きを読む