仁奈「になかなたーりあ!」加奈「今日からお仲間!」



■関連SS


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:37:13.81 :tLdaxPWk0

前作はこちらです

里奈「ななな!」菜々「なんですと!?」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:37:52.63 :tLdaxPWk0

......ブーブーエス、第3スタジオ......


仁奈「お疲れ様でごぜーます!」

スタッフ「お疲れ様でしたー!」

仁奈「ふう......疲れたでごぜーます......とりあえずがくやに......」

里奈「ちょりーっす! 仁奈ちゃんおっつにゃー☆」

仁奈「......あれ、里奈おねーさん?」

里奈「そう! リナリナおねーさんぽよ~♪」

仁奈「こんなところでどうしやがりましたか?」

里奈「アタシは仁奈ちゃんを待ってたんだよ~」

仁奈「仁奈を?」

里奈「仁奈ちゃんを♪」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:39:25.51 :tLdaxPWk0

里奈「今日の仁奈ちゃんのお迎えはアタシが担当することになった系~♪」

仁奈「ホントでごぜーますか!?」

里奈「もちホント!」

仁奈「わーい!」ピョン

里奈「今日は特別だかんね~☆」

仁奈「えっ......これっきりでごぜーますか......?」シュン

里奈(はうっ!?)ズキュン!

仁奈「お迎えがないのはさびしーですよ......」

里奈「これからも出来るだけ全力で駆けつけるぽよ」キリッ

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:41:46.55 :tLdaxPWk0

仁奈「じゃー早速帰って......おっとっと」フラッ

里奈「おおっと」ガシッ

仁奈「えへへ、ちょっと疲れちゃったみてーです」

里奈「お仕事頑張ったんだねー☆ どんなお仕事だったの?」

仁奈「えーとですね......「じゅーにせーざのキグルミ早着替え」ってやつでした!」

里奈「へー、そうなん......十二星座キグルミ早着替え!? 何それ!?」

仁奈「どれだけ早く着替えられるか鈴帆おねーさんときょーそーしたですよ! 鈴帆おねーさんの着ぐるみは大きすぎてなかなか着替えられねーでやがりましたから仁奈の勝ちでした!」

里奈「なにそれ、ちょっと見たい系......録画しよ......」

仁奈「ふたご座がなかなかむずかしかったですよ!」

里奈(ふたご座のキグルミってどんな形状してるか想像つかないぽよね......)

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:42:54.29 :tLdaxPWk0

仁奈「だからちょっと疲れちゃったですよ......」

里奈「そ、そうなんだね......ぢゃあここはリナリナベッド出張版の出番ぽよね☆」

仁奈「りなりなべっど?」

里奈「はーい仁奈ちゃん、背中にどーぞ♪」

仁奈「えっ、おんぶでごぜーますか!?」

里奈「そーそー! アタシは力持ちだからねー! 楽屋までひとっ飛びだよー☆」

仁奈「ありがとーごぜーます! それじゃあお願いするですよ!」ポムッ

里奈(めちゃんこ軽っ! ......流石に9歳ぽよねぇ......)

里奈「よいしょっ☆」

仁奈「わー! わー! たけーたけー!」

里奈「よーし、楽屋までレッツゴー☆」

仁奈「おー!」

里奈「回転も加えていくぽよー♪」クルッ

仁奈「うわわっ、あはははは! たのしーですよ!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:43:22.57 :tLdaxPWk0

里奈「はい到着☆」

仁奈「すげー楽しかったですよ!」

里奈「これくらい朝飯前ってやつぽよ!」

仁奈「それじゃー荷物取ってくるですよ!」ガチャッ

里奈「手伝わなくて大丈夫?」

仁奈「へーきでごぜーます!」フンス

里奈「おっ、頼もしいぢゃん♪ ぢゃあここで待ってるね?」

仁奈「はーい! 少しお待ちくだせー!」バタン

里奈「......さて、連絡連絡」スマホスッスッ

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:44:27.85 :tLdaxPWk0

......2分後......


里奈「みっない! きあいぢょおーとおー♪」


......5分後......


里奈「きーざーめーいまーをー♪」


......10分後......


里奈「うーん、着替えに時間かかってる系かなー?」


......15分後......


里奈「........................」


......20分後......


里奈「仁奈ちゃーん、入るよー?」コンコン

里奈「おっ邪魔ー......」ガチャッ

里奈「あちゃー、ちょっとはしゃがせすぎちゃった系?」

仁奈「すぅ......すぅ......」スヤスヤ

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:45:26.00 :tLdaxPWk0

里奈「荷物は......大体まとまってるぽよね。あとはちょちょいのちょいっと」ガサガサ

仁奈「......んむぅ............りな、おねーさん......?」

里奈「ダイジョーブダイジョーブ、おねんねしてていいぽよ☆」ナデナデ

仁奈「............あい......」コクン

仁奈「......すぅ......すぅ......」

里奈(ぎゃんきゃわー!!)パシャパシャ

里奈「はっ! いけないいけない、シャッター音で起こしちゃったら元も子もないやつだ」

里奈「ちょっと揺れるよー」ヨッコイセ

仁奈「んんぅ............すー............すー............」スヤスヤ

里奈「忘れ物は......多分なし。それぢゃ帰ろっか☆」

ガチャッ......パタン......

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:45:54.44 :tLdaxPWk0

......都内某所......


加奈「あっ、夏美さーん!」

夏美「加奈ちゃんお疲れ様。急に呼び出しちゃってごめんなさいね?」

加奈「いえいえ! 用事も済んだところでしたのでちょうど良かったです!」

夏美「用事って......その紙袋?」

加奈「はい! そろそろ補充の時期ですから!」ガサッ

夏美「補充......?」

加奈「メモ帳です!」

夏美「メモ帳!? バスケットボールが軽く入りそうな紙袋の中身全部!?」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:46:36.92 :tLdaxPWk0

加奈「都会は良いですね、こんなに色んなメモ帳があって!」ババーン

夏美「うわっ......本当にメモ帳が敷き詰められてる......これ使いきれるの?」

加奈「年に3回か4回はこうやって買ってますよ?」

夏美「ほぼ四半期ごとに買い換えてるの!?」

加奈「そうですけど......?」

夏美「さも当然のような顔をされてもね......これでお値段幾らぐらいしたの?」

加奈「えーっとですね、家計簿をメモしてるので少し待ってくださいね」ドサドサ

夏美「待って、メモ帳を出す音がおかしいわ」

加奈「あれ、右側だったかな」ドサドサ

夏美「待って!! メモ帳でちょっとした山ができてるから!!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:47:05.51 :tLdaxPWk0

加奈「あ、今探しますから待ってくださいね」

夏美「その紙袋の中身より多いメモ帳をどこから出したの!? まずその説明をしてちょうだい!!」

加奈「えっ、説明ですか? それはこう......袖から、えいやあっ!」ドサドサ

夏美「もう出さなくていいから!!」

加奈「あ、家計簿メモありましたよ!」テテーン

夏美「それを発表する前にまずこのメモ帳の山をしまってくれないかしら......」

加奈「はーい!」ズゴゴゴ

夏美「袖が掃除機みたいに!?」


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:50:16.25 :tLdaxPWk0

夏美(本当に全部なくなった......あの細い身体のどこに沢山のメモ帳が......)

加奈「えーと」ペラッペラッ

夏美(忍者......忍者なの? あやめちゃんもどこからともなく煙玉出せるし......加奈ちゃんもくの一なの......?)

加奈「1万5千円くらいですね!」

夏美(腕は膨らんでないし、胴だって綺麗なラインを描いてる......この身体のどこにメモ帳を隠し持ってるというの......!?)

加奈「......あ、あのー、夏美さ」

夏美「ちょっとごめんなさいね」モミッ

加奈「わひゃぁ!?」

夏美(見事なくびれ......じゃなかった。ちゃんとお腹を触れてるからここにはメモ帳は無さそうだし......)

加奈「や、やめてください!」ゴスッ

夏美「あいたっ!?」

加奈「あ! す、すいません! つい護身用のメモ帳を......」

夏美「護身用!? メモ帳に護身用があるの!? あとそんな辞書みたいなメモ帳どこから出してるのよ!?」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:50:56.85 :tLdaxPWk0

加奈「ところで、何の呼び出しだったんですか?」

夏美「あっ」

夏美(メモ帳の衝撃が大きすぎてすっかり忘れてたわ......)

夏美「おほん。えーっと、電話でも確認したけど、この後は何も予定はないのよね?」

加奈「はい!」

夏美「それじゃあちょっと付き合ってくれるかしら?」

加奈「どこにですか?」

夏美「秘密......と言いたいところだけど、きっとすぐバレちゃうだろうし隠しても意味がなさそうね。事務所よ、事務所」

加奈「じ、事務所ですか?」

夏美「そうそう。部署異動の引き継ぎで1つやり残したことがあるそうなのよ。オフなのに悪いけどよろしくね?」

加奈「は、はぁ......でも、メモしたことは全部したと思ったんですけど......」ペラッペラッ

夏美「多分、メモ帳には書いてないことよ♪」

加奈「?」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:51:59.91 :tLdaxPWk0

夏美「えーっと、時間は......少し早いかしら。ちょっと喫茶店にでも寄ってから行こうと思うのだけれど」

加奈「あ、はい! 大丈夫です!」

夏美「この辺りだとどこの喫茶店がいいかしらね。えーっと......」スマホスッスッ

加奈「そうですね......」ペラッペラッ

夏美(真っ先に確認するのはメモ帳なのね)

加奈「駅前にケーキセットでお安い喫茶店があるみたいですよ!」

夏美(しかもスマホより早いってなんなの?)

夏美「じゃあそこにしましょうか! えーっと地図地図......」スマホスッスッ

加奈「こっちですよー!」

夏美(地図までメモ帳に書いてあるの!?)

夏美「あ、うん......」

夏美(......まあ、向こうの準備ができるまでの時間が潰せるならいいわね)

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:55:07.19 :tLdaxPWk0

......荒木比奈の自宅......


ナターリア「モー! また洗濯物があったヨ! しっかり畳んでおかないとダメだゾ!」ドタバタ

比奈「あ、はい......」

ナターリア「机の上は触っちゃダメなんだナ? じゃあ机の下は掃除機かけるヨ!」ブォーン

比奈「お願いしまス......」

ナターリア「座ってないで机の上くらい片付けた方がイイゾ!」ドタバタ

比奈「わ、わかりました......」

ナターリア「天気も良いしフトン干しちゃうネ!」バッサー

比奈「あ、よろしくお願いしまス......」

ナターリア「バシバシやるヨ~♪」バシバシ

比奈(甲斐甲斐しい......)

ナターリア「ゲホッゲホッ!」

比奈(手際がいいとは言えないっスけど)

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/09(月) 23:59:03.36 :tLdaxPWk0

比奈「おかしい、何故こんなことに」

春菜「こんなに散らかってたらそうなりますよ! 掃除を手伝って欲しいと聞いてきてみれば想像以上の荒れっぷり!」ガチャガチャ

比奈「そんなに散らかしてる気はしなかったんスけど」

春菜「床に洗濯物を畳まず放置していおいて何を言ってるんですか! 原稿で大変だったのはわかりますけど!」セッセッ

比奈「何処に何があるかわかればそれでいいかなーって」

春菜「典型的な物臭の発言ですねそれ......」

ナターリア「ここに来た時ビックリしたゾ......ドロボーが出たかと思ったヨ......」

比奈「ははは、そんな漫画みたいなリアクションされるとは」

春菜「笑い事じゃないですよ?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:01:42.84 :lVzQSbbe0

比奈「いやしかし、メイド姿の可愛い子に部屋を掃除してもらえる日が来るとは思いませんでしたね......何処ぞの受け師さんを彷彿とさせる光景っス」

ナターリア「コレは掃除の正装だって聞いてるヨ!」

比奈「清掃の正装っスか」

春菜「楓さんばりのダジャレが飛び出しましたね」

比奈「おっと失礼......それにしても、メイド姿のナターリアちゃん可愛いっスね」パシャッ

ナターリア「ほめられタ~♪」

春菜「今写真撮りませんでした?」

比奈「資料として使わせてもらうかと」パシャッ

ナターリア「キレイに撮ってネ?」

比奈「勿論っスよ!」パシャッパシャッ

春菜「ちょっと家主! あなたも掃除してください!」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:02:25.43 :lVzQSbbe0

春菜「まったくもう......タンスの中身も畳み直しておきましたからね!」

比奈「細かなところまでありがとうございまス......ところで、春菜ちゃんは普通の私服なんスね」

春菜「え? 私もちゃんと掃除する格好にしてますけど......?」

比奈「あれ、そうなんスか? よく着てるようなネコシャツかと思」

春菜「これは掃除の時にかける眼鏡ですよ! 今かけてるのは洗濯用です!」キラーン

比奈「ええ......」

春菜「炊事用とお風呂掃除用も持ってきました!」

比奈「気合の入れようがすごい」

ナターリア「ヒナはもっとヤル気出そうナ?」

比奈「はい、すいません」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:04:22.80 :lVzQSbbe0

ナターリア「大方片付いたカナ?」

春菜「来た時と比べると見違えるほど綺麗になりましたね......転がっていたコンビニご飯の残骸も纏めましたし」

比奈「いやー、ありがとうございました! まさかここまでやってくれるとは......」

ナターリア「フトンは後で自分でしまうんだゾ?」

春菜「燃えるゴミの日にきっちり出してくださいね?」

比奈「了解っス」

ナターリア「机の上は手付かずだからゾーキンがけもしっかりネ!」

春菜「ペットボトルはこっちにまとめておきましたから忘れちゃダメですよ?」

比奈「は、はい」

ナターリア「使ってないコードは3番目の引出しにしまってあるからナ?」

春菜「靴の並びも変わってますから後で靴箱の中も確認しておいてくださいね?」

比奈「......本当に、お手数おかけしました......」フカブカ

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:04:56.27 :lVzQSbbe0

比奈「お礼と言ってはなんでスけど、お茶でもご馳走しまスね」

ナターリア「いいのカ!?」

比奈「ここまでしてもらいましたし、何もお返ししないのは流石に申し訳ないっスよ」

ナターリア「ヤッター!」

春菜「本当にいいんですか?」

比奈「これでも成人した年長者っスよ? 遠慮する必要はこれっぽっちもありません!」

春菜「さっきまで学生に掃除させてた人の胸の張り方じゃないですよね」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:05:26.52 :lVzQSbbe0

......プロダクション正門......


比奈「はーい、着いたっスよー」

春菜「......何となく方向からそんな気はしてましたけど......」

ナターリア「事務所だナ?」

比奈「ここでお茶をしたいと思うんでスよ」

ナターリア「食堂? カフェ?」

比奈「いえいえ、そういうところではないっス」

はるなたーりあ「「?」」

比奈「詳しいことは中に入ってから。さ、行きまスよ」

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:05:56.35 :lVzQSbbe0

里奈「お、比奈っち! 時間ピッタシぢゃん♪」

比奈「そういう里奈ちゃんもバッチシっスね」

仁奈「......うゆ......あれ、比奈おねーさん......?」

比奈「仁奈ちゃんはお眠っスか?」

里奈「撮影頑張ったもんね~♪」

仁奈「あい............」ウトウト

比奈「何このかわいい生き物」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:10:07.93 :lVzQSbbe0

夏美「あら、ちょっと遅れちゃったかしら?」

比奈「いえいえ、そんなことはないっスよ」

里奈「時間的にはピッタリ系☆」

加奈「あれ、春菜ちゃんにナターリアちゃん? それに仁奈ちゃんも......」

ナターリア「ワァー! 元第3部署が4人もいるヨ! スッゴイ奇遇だネ!」

春菜「......奇遇とは思えませんけど」

比奈「まあまあ」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:10:38.21 :lVzQSbbe0

仁奈「......あれ......? いっぱいいるですよ......?」

里奈「あ、仁奈ちゃん起きた系?」

加奈「おはよう仁奈ちゃん!」

仁奈「おはよーごぜーます......」ゴシゴシ

里奈「比奈っち! 仁奈ちゃんの写真撮って写真! アタシ今手が塞がってるから!! これ逃したくない!!」

比奈「はい、チーズ」パシャッ

里奈「サンキュー☆」

仁奈「里奈おねーさん、もう起きたので降ろしてくだせー!」

里奈「おっけー♪」ヨッコイショ

仁奈「ありがとーごぜーました!」

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:11:40.83 :lVzQSbbe0

仁奈「ところで、どうして加奈おねーさんたちもここにいやがるんですか?」

加奈「私もよくわからなくて......部署異動でやり残したことがあるって聞かされてきたんだけど......」

ナターリア「アレ? お茶会だよネ?」

夏美「まあまあ、詳しいことは中で......ね?」

加奈「中って......あれ? ここって確か......」

比奈「それじゃあ里奈ちゃん、いくっスよ!」ガシッ

里奈「おっけー比奈っち!」ガシッ

ひなりな「「せーのっ!!」」ガチャッ

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:12:10.72 :lVzQSbbe0


ななな「「「ようこそ!! 第7部署へー!!」」」パパンドパーン!!


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:12:49.92 :lVzQSbbe0

になかなたーりあ「「「!?」」」

春菜「やっぱり」

比奈「流石に春菜ちゃんにはバレちゃったっスね」

春菜「私の目の前で歓迎会の話が出てましたし、バレるも何もって感じですけど......」

ナターリア「エーッ!? ハルナは知ってたノ!?」

春菜「知っていたというよりは気がついていたと言いますか、予想はしていましたね」

ナターリア「教えてくれてもよかったのニー!」

春菜「サプライズは黙ってないと意味がありませんから!」キラーン

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:14:26.31 :lVzQSbbe0

麗奈「......くっ、このレイナサマのバズーカがクラッカーと同じ扱いを受けるなんて......っ!!」

紗南「ドッキリなんかで使うより充分有効的な活用だと思うけど?」

加奈「いやー、びっくりしたよ......1個大きい音が鳴るんだもん......」

麗奈「......まあ驚いた顔が見られたのはとても良かったと思うわ......けど」

渚「これすごいねッ!」キラキラ

麗奈「どうしてアタシじゃなくて渚がバズーカ使ってるのよ!!」

渚「いやー、1回使ってみたくてさー!」

加奈(ちょっとわかるな)

紗南「麗奈に使わせるの危ないかなーって」

麗奈「扱い方知らない奴に握らせる方がよっぽど危ないわよ!! しかもよりにもよって渚ッ!!」

渚「よりにもよってって何!?」

麗奈「コイツ頻繁に呪われた呪われたって言ってんのよ!? 暴発したらどうするのよ!!」

加奈「暴発!?」

渚「呪いで暴発はしないよ!! ......多分」

加奈「多分!?」

30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:15:21.25 :lVzQSbbe0

菜々「お料理も沢山ありますよー!」

奈緒「ちょっと不格好なのもあるけど気にしないでくれよな! 味は菜々さんと七海が保証してくれたから!」

七海「特にお魚は絶品れすよ~!」

菜々「七海ちゃんの持ってくるお魚はいいものばかりなんですよ! ほら、こんなに綺麗で......」キラキラ

ナターリア「スシダ......スシダー!!」

菜々「ナターリアちゃん喜ぶと思って!」

ナターリア「ナナアリガトー!!」ギュウッ

菜々「おふっ」ピキッ

奈緒「あっ」

七海「寿司を握るのは慣れない作業れしたから、前屈みになってた菜々さんにナターリアちゃんの抱きつきはちょっと刺激的れしたかね~?」

菜々「......かふっ」パタリ

奈緒「菜々さん!!」

ナターリア「アリガトー!! アリガトー!!」ギュウウウウウウウ

菜々「あっ、あっ」ビクンビクン

奈緒「そこまでだナターリア!! 菜々さんが死んじゃう!!」

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:15:50.43 :lVzQSbbe0

春菜「......それでも、こんなに豪勢な歓迎会をしてくれるなんて......」

比奈「ビックリしました?」

春菜「それはもう!」

里奈「それはよかったぽよ~☆」

仁奈「り、里奈おねーさん! これ、好きなの食べていいんでごぜーますか!?」ワクワク

里奈「モチよモチ!」

仁奈「モチでやがりますか!」

里奈「よし、アタシが好きなの取ってあげよっか! どれがいいぽよ~?」

仁奈「えっと、えっと......」

里奈「慌てなくてもいいかんね~♪」

夏美「......何か親子みたいね」

比奈「里奈ちゃんの包容力はそんじょそこらのママじゃ太刀打ちできないパワーがありまスからね......」

32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:16:23.08 :lVzQSbbe0

夏樹「ゲストは全員揃ったか?」

夏美「ええ、オッケーよ♪」

夏樹「よし、それじゃあやるか!」

柑奈「イエッサー♪」

春菜「......やるって、何をですか?」

夏樹「何をか、だって? そんなの決まってるだろ?」

柑奈「折角の歓迎会にミュージックが1つもないのは寂しいですからね!」

春菜「えっ、じゃあ演奏してくれるんですか?」

夏樹「練習してきたからな」

柑奈「バッチリ決めさせてもらいますよー♪」ポロローン

33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:19:02.98 :lVzQSbbe0

夏樹「それじゃあいくぜ、1970年代のR&Bの名曲! ......ちょいとアレンジしてるけどな」

柑奈「ラブ&ピース的にはドンピシャの時代! この人自身も平和活動に精力的でしたね!」

夏樹「この曲は娘への愛を歌う歌だから、ラブ&ピースにピッタリだな。ちょっとこの人は愛が強すぎた気がするけどなー」

柑奈「それでは聞いてください! オリジナルはスティーヴィー・ワンダーで!」

夏樹「Isn't She Lovely......」トントン...

※カバーアレンジ参考動画


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:23:45.10 :lVzQSbbe0

柑奈「Isn't she lovely......♪」

柑奈「Isn't she wonderfull......♪」

柑奈「Isn't she precious......♪」

柑奈「Less than one minute old. I never thought through love wed be......♪」

柑奈「Making one as lovely as she......♪」

柑奈「But isn't she lovely made from love......♪」ジャンッ!

夏樹「~♪」テロレテロレレレレレッ!ジャーン!

渚「すごッ......やっぱりこの2人のギターはずば抜けて上手いね......!」

奈緒「流石第7部署のパフォーマンス担当だな......!」

加奈「か、かっこいい......!」キラキラ

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:24:29.83 :lVzQSbbe0

ワーワーキャーキャーヒューヒュー!!

比奈「どうでした? サプライズ......にはなりませんでしたけど」

春菜「まさかここまでしてくれるなんて思いませんでしたよ。本当にありがとうございました!」

比奈「あの時は部署再編だーって動揺しまくりだったんで......申し訳ないっス」

春菜「いいんですよ。思っていた何倍も温かい歓迎で、ある意味で最高のサプライズでしたから!」

比奈「そう言ってもらえるとありがたいっス」

春菜「第3部署がなくなって不安もありましたけど......第7部署、やっていけそうです!」

比奈「......良かったっス。書類的に今日からみなさん第7部署、これからはユニットだけじゃなく部署でもよろしくお願いしまス」

春菜「ええ、こちらこそよろしくお願いします!」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:25:56.00 :lVzQSbbe0

......同プロダクション内アイドル部署統括室......


ちひろ「............」カタカタカタカタ

ちひろ「............」カタカタカタカタ

ちひろ「......ッだー!! 終わらないッ!!」

部長「泣き言を言う暇があったら手を動かしてくれ」カタカタッターン!! カタカタカタカタカタカタッターン!!

ちひろ「くうううう......! 歓迎会のためとは言え15人全員オフにしたのはやばかった......! しわ寄せの書類が多すぎる......!!」カタカタカタカタ

部長「元第3部署のこともある。手当に色はつけられないがご飯は奢らせてもらうよ」

ちひろ「お寿司! 回ってない高いお寿司がいいです! 七海ちゃんのお寿司食べられなかったから!!」

部長「そうだな。いい店を知っているし今日にでも行くか」

ちひろ「やった!!」

部長「店が閉まる前に仕事が終わればな」

ちひろ「いやぁああああああああああああああああああああああああああ!!」カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/01/10(火) 00:27:49.61 :lVzQSbbe0

以上です。新年1発目から騒々しい中身になりました。
くじで当たるスカウトチケットで誰をスカウトするか真剣に考えてるんですけど、1枚でいいから当たりませんかね......?


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
タグ :
続きを読む