【Aqours昔話】梨子「こぶとりこ」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 22:27:25.13 ID:kBE64FTU.net

昔昔あるところに右の頬に、大きなこぶがある少女が住んでいました。
それはとても邪魔なこぶで、少女が何かをする度に揺れていました。

梨子「......」プルン

梨子「......」プルン

ですが、この少女はそんな事をちっとも気にしない暢気な少女でした。

梨子「眠い......」



2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 22:30:23.46 ID:kBE64FTU.net

同じ村に、右の頬に大きなこぶがある少女がいました。

曜「よーそろ......」プルン

この少女は邪魔なこぶが気になって、イライラしていました。

曜「あぁぁぁぁぁもう!!邪魔だよ!」プルン

曜「っぁぁぁ!!」プルンプルン

ぷっ

曜「笑うな」


3: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 22:33:35.44 ID:kBE64FTU.net

ある日、梨子が森の中で木を切っていると、ぽつりぽつりと雨が降り出しました。

梨子「暫く止みそうには無いわね」

そこで梨子は木のうろの中に入りました。
そしておもむろに懐から本を取り出し、読み始めました。

梨子「この本は当たりね!買えてよかったわ......」

実はこの本、『こみけ』と呼ばれる、都で開かれる大きな市でしか手に入らな――ってこんな説明はどうでもいいんですよ!!


5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 22:37:17.86 ID:kBE64FTU.net

梨子が本を読んで雨が止むのを待っていると、いつの間にか夜になっていました。

~♪

なにやら音が聞こえてきます。

梨子「この音は......?」

賑やかなお囃子の音です。
そーっと梨子が音のする方を見てみると――

梨子「うわっ!鬼だ......」

鬼達が酒を飲んで宴をしていました。



6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 22:38:08.83 ID:4gPc1wDN.net

どっちも右についてるのはあってる?



7: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 22:40:50.28 ID:kBE64FTU.net

>>6
あ、曜の方は左です



9: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 22:43:25.39 ID:mfHdRYyK.net

こぶとりじいさんか
どんな話かもう覚えてねえや



10: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 22:43:28.31 ID:kBE64FTU.net

ピーヒャラドンドン♪

ピーヒャラドンドン♪

6人の鬼達の宴です。

鞠莉「んくっんくっ......ぷはぁっ!」

果南「ちゃっと鞠莉、飲み過ぎだよ」

ダイヤ「そうですよ。これ以上は体に障ります」

鞠莉「うるっさいわねぇ!あんた達に何が分かるって言うのよ!!」ヒック

果南「どうしたのさ」


続きを読む