SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

【モバマス】小日向美穂「高く、飛べる」

引用元:

1: ◆eBIiXi2191ZO 2016/12/16(金) 22:53:46.18 ID:oKvYaFDpo

・モバマス・小日向美穂ちゃんのSS


・超短い
・美穂たんおめ!(みほたんとたんおめを掛けてる)

SSWiki :





2: ◆eBIiXi2191ZO 2016/12/16(金) 22:55:05.29 ID:oKvYaFDpo




 どれだけ経っても。どこにいても。
 ステージに立つ前の私は、相変わらず緊張で足が震えます。
 震えは今でも止まることはないけれど、でも。かつての私とは違っています。視線の向こうにはほら、私を待ってくれる大勢のファンがいるから。
 そして、私に気づかせてくれたプロデューサーさんが、いるから。

 私は、心地よい震えを感じながら、開幕のベルを待つのです。

3: ◆eBIiXi2191ZO 2016/12/16(金) 22:55:52.59 ID:oKvYaFDpo




「こ、小日向美穂です!」

 初めて事務所を訪れた日。自己PRを、とプロデューサーさんに言われ、私は言葉がうまく出せませんでした。

「ああ、緊張してるよね。うん、いいよいいよ。そのままそのまま」
「す、すみません……」

 あうう……なかなか上手にできません。せっかくこんな私をスカウトしてくれたのに、いいとこなしです。
 思えば、最初からこんな感じでした。
 ひとりで。レッスンルームの鏡とにらめっこしながらステップを踏んでいたとき、プロデューサーさんは私に声をかけてくれました。それなのに、私はどう返事をしたらいいか分からなくて。
 何を言ったのかすら、私自身覚えていません。でもプロデューサーさんの言葉はなぜか、耳に残っていたんです。

「あはは! うん、いいね! 君はそのままでいいよ!」

 その笑顔に、私は救われた気がしました。

4: ◆eBIiXi2191ZO 2016/12/16(金) 22:56:47.67 ID:oKvYaFDpo


 アイドル。私の憧れ。
 緊張しいの自分がなれるなんて、実のところあまり思っていませんでした。でもレッスンを受けていて、ひょっとしたら、もしかしたらって。そんな風に思っている自分もいて。
 それが現実になるなんて……
 プロデューサーさんに救われた私は、それだけで舞い上がってしまいました。でも、アイドルになるってことは、そこがゴールじゃなくてスタートなんだ、って。その時の私はよく分かってなかったんです。

 正式に事務所所属のアイドルになって、レッスンの内容も数段濃くなって。私の毎日は、へこんでは立ち上がりの繰り返し。

「はああ……私、ほんとにアイドルになれるのかなあ……」

 でも憧れが手の届くところにあるって、知ってしまったから。諦めたくありません。気合い一発自分を立て直し、またレッスンへ。
 毎日。毎日。
 そんな日々が続くと、さすがに心が疲れちゃうこともありました。

「あの……プロデューサーさん」
「ん? どうした?」
「私、本当にアイドルでやっていけるんでしょうか……」

 引っ込み思案で緊張しいで。こんな自分を変えたくて養成所に入って。でも、何も変わってなくて、自分をコントロールできなくて。
 恥ずかしい……悔しい……

続きを読む

関連のSS

伊織「双海姉妹英会話教室」
18pt
【モバマス】鷺沢文香「マーキング」
16pt
【モバマス】速水奏「まばたき」
11pt
春香「2人だけの」 千早「特別な日常」
11pt
美希「デスノート」【その1】
5pt
美希「デスノート」【その3】
5pt
美希「デスノート」【その5】
美希「デスノート」【その7】
律子「プロデューサーと初詣」【アイマス】
9pt
【モバマス】輿水幸子「クリスマスと小箱」
27pt
【モバマス】志乃「助けて幸子ちゃん」
37pt
P「俺の靴の臭いを伊織に嗅がせたい」
32pt
【モバマス】佐々木千枝「今日は特別な日だから」
14pt
伊織「夫婦を越えていけ」【アイマス】
25pt
真「7000万パワーまっこまっこり〜ん!」ズガガンガガンガン! 貴音「面妖な・・・」
34pt
伊織「夫婦を越えていけ」
37pt
【モバマス】文香「…夜食、親子丼…です」
60pt
【モバマス】十時愛梨「炬燵へ潜ってぎゅうっとちゅうっと」
25pt
律子「プロデューサーと初詣」
27pt
【アイマス】「萩原雪歩は、塩対応で有名だ」