凛(19)「変わらないもの」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:06:03.29 ID:RMMruyW6
※凛しか喋りません


凛「...あ、いらっしゃい、待ってたよ」

凛「もう待ちくたびれてたよ、入って」

凛「寒かったでしょ」

凛「だと思って、お鍋にしたよ!」

凛「え? 機嫌がいいって......まあね」

凛「久しぶりに高校の時の友達に会ってきたんだー」

凛「あの頃は、毎日見てたはずなのに、すごい久しぶりだった...」

凛「そうそう、μ's」

凛「あの日から...μ'sはおしまい」

凛「でも、凛、さみしいとは思ったけど、悲しいとは思わなかった」

凛「だって、μ'sの...みんなとの関係は変わらないから」

凛「......ああ、ごめん。立ち話もあれだね。とりあえず...あ、お風呂?いいよ、あ、でも着替えが...」

凛「...持ってきた?」

凛「......ふーん」

ーーー

凛「いただきまーす」

凛「...あ、見て、テレビ」

凛「そう。アイドル研究部部長だった、矢澤にこ先輩。にこちゃん」
2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:11:02.79 ID:RMMruyW6
凛「にこちゃんはいつ見てもにこちゃん」

凛「全然変わってない」

凛「ただ、前と少し違うのは、あんまり楽しそうじゃないところ」

凛「憧れのアイドルになって、理想の人生送ってると思う」

凛「でも、あんまり楽しそうじゃないの」

凛「『知りたくないこともあった』」

凛「そう言ってた」

凛「ずっと、スクールアイドルの気分じゃいられなかったんだって」

凛「仕事、だから」

凛「どう言い繕っても、あれは仕事なんだって」

凛「変わるしかないって」
タグ:
続きを読む