交際中の海未「急に会いたいだなんてどうしたのですか…///」


1: 名無しで叶える物語(風靡く断層)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 11:41:29.66 ID:zh5yi63S.net

海未「その...私も......会いたかったのです......あなたに///」

海未「心配していたのですよ!最近連絡があまり出来ませんでしたし...」

海未「あなたからも着ませんでしたから...」

海未「ですが...杞憂だったようです」クスッ

海未「......今日は、会いに来てくれてありがとうございます」スッ(頭を肩に寄せてきた)

(※当たり前であるが海未ちゃんはめちゃくちゃいい匂い)

(追記 : ロングヘアの海未ちゃんはシャンプーの香りが残りやすいのでめちゃくちゃいい匂い)

(特筆 : 今日は久しぶりに会えるとのことで恥ずかしがりながらも幼馴染やロシアクォーターの友達に香料剤について聞き込み済み、ドキドキしながら初めて香水をアクセントにと使っている)



5: 名無しで叶える物語(風靡く断層)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 11:51:29.09 ID:zh5yi63S.net

海未「......///」カーッ!

(女性雑誌で胸キュン動作のコラムを見つけドキドキしながら読み込んだ海未ちゃん、実践してみたはいいが自分らしくないほどに大胆だなと思い、真っ赤になってる)

海未「す......すみません///」

(恥ずかしくなり、ついつい出てしまったのは何故か謝罪の言葉。改めて海未ちゃんの育ちの良さと奥ゆかしさが感じられる)

海未「その......どこか歩きませんか?」

海未「もちろん、ここでお話するのも構いません」アタフタ

(久しぶりに会えたうれしさによる高揚感から、とにかくデートしたい、一緒の時間を作りたいと思う海未ちゃん)

(自分の欲求のままリードするはしたなさに気づき、とっさに2つの選択肢を与える)


続きを読む