梨子「よっちゃんの手……」


2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 2be9-88FC) 2017/01/08(日) 23:37:31.80 ID:lN+IH4B70.net

善子「......さて、そろそろ帰りましょ?」

梨子「......」ジーッ

よっちゃんの手は、綺麗。

細い指にすべすべな白い肌、ピンク色の爪、その全てが私をとりこにする。

善子「リリー? そろそろ帰りましょう?」ギュッ

梨子「ひゃっ///」

そんな綺麗な手が、突然私の手を握る。私の手の上によっちゃんの手があって、少し照れくさい。

善子「ひゃっ、じゃないわよ。帰りましょうって言ってるの」

梨子「......うん。帰ろっか」

手の平から、ほのかによっちゃんのぬくもりが伝わってくる。



4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 2be9-88FC) 2017/01/08(日) 23:39:06.07 ID:lN+IH4B70.net

善子「明日は休みだし、今日はうちに泊まる?」

梨子「よっちゃんが良ければ、そうしたいな」

お泊まりすれば、もっともっと、よっちゃんと手を繋いでいられる、なんて。

梨子「ふふっ......」

たった今まで照れくさかったのに、それ以上に嬉しくなってしまう。

善子「ひゃっ、の後はニヤニヤして、変なリリーね」

梨子「だって、よっちゃんが温かいから」ギュッ

少し強く、よっちゃんの手を握り返してみる。

善子「......? やっぱり変なの」ギュッ

意味はよくわかってないままでも、ちゃんと握り返してくれるよっちゃん。
そんなよっちゃんの手のぬくもりが、もっと感じられて。

梨子(やっぱり、好きだなぁ)

肌寒い夕暮れに、私の手と胸はぽかぽかになってしまうのでした。


続きを読む