【Aqours昔話】曜「わたなべ長者」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:37:46.90 ID:x0PvSvMa.net

昔昔あるところに曜と言う少女が住んでいました。

曜「ヨーソロー!って2回目だよ!?」

1回目のあれは千歌さんがメインの話ですので。

曜「さいで」

曜は正直者で真面目でしたが、運が悪かったのです。

曜「またお金落とした......」

朝から晩まで働けど働けど貧乏で運がありませんでした。



5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:43:07.55 ID:x0PvSvMa.net

ある日のことです。
曜は最終手段として、飲まず食わずで観音様にお祈りし続けました。
すると、夕方暗くなった頃に、曜の目の前に観音様が現れ――

果南「呼んだかなん?」

......ました。

曜「観音様観音様、私はどうすればよろしいですか?」

果南「ここ出る時に転ぶから。その時に掴んだ物を持って西に進みなさい」

らしいです。


6: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:45:30.51 ID:x0PvSvMa.net

曜は意気揚々と寺を出て――あ、今のは曜のようと意気揚々のようを掛けて......

曜「......」

無視されると辛いものがあります......

曜「うわっ!」ドテッ

曜が寺を出る時、観音様の言った通りに転けました。
はっ!

曜「あいててて......あれ?これって......」

曜が掴んだ物は綿の茎でした。

曜「これで何しろって言うの......」

曜は文句を言いながらも西へ進みました。


7: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 21:48:25.25 ID:x0PvSvMa.net

曜が暫く歩いていると変なのが飛んできました。

善子(ミニ)「ぶーんぶーん」

曜「何だろうこれ。蚊かな?いいや、捕まえちゃえ!」

善子「何するのよ!私は堕天使よ!」

残念ながら堕天使の声は聞こえてないようです。

曜「そうだ!この茎に結びつけて......」

善子「むぎゃー!!」

曜「~♪」

また西へと進みます。


続きを読む