【モバマス】輝子「三つ編みのこと」

引用元:

1: ◆S6NKsUHavA 2016/12/15(木) 21:50:57.39 ID:TASUOcfu0
冷え込みが強くなってきましたね。
こんな時はキノコ鍋でもして温まりましょう。

輝子の三つ編みリボンについての妄想話です。
こんな出会いがあったら面白いかな、と思ったりしながら書きました。
誰と出会ったかは......想像にお任せします。

SSWiki :





2: ◆S6NKsUHavA 2016/12/15(木) 21:51:50.89 ID:TASUOcfu0
「輝子ちゃん、三つ編み、いつもしてるね」
「うん?」

レッスンが終わって一息ついた頃。
次の予定までの時間を潰す間、休憩室で何となく自身の三つ編みをもてあそんでいた輝子を見て、小梅が言った。輝子の腰まで伸びた美しい銀髪は基本的にほとんど手入れされておらず、あちらこちらに跳ね放題跳ねているが、左耳の前に垂らされた一房だけは丁寧に編み込まれ、ピンクのリボンで飾られている。
輝子は小梅の指摘に恥ずかしそうに頬を染めると、くるくると三つ編みに指を絡めた。

「これはね......昔ある人から教わって、それからずっとしてるんだ......。あ、ぷ、プロデューサーじゃ、ないよ」

慌てたように付け足す輝子に思わず笑いながら、小梅はわくわくした様子で言う。

「三つ編みの秘密、聞きたい、な。お話、してくれる......?」
「ふひ......良いよ。別に、秘密ってほどの話でも無いんだけど、ね......」

輝子の快い返事に「わぁ」と嬉しそうな表情の小梅。「ちょっと長くなるから......」と輝子は休憩室備え付けの自販機で缶のドリンクを二つ買うと、小梅に片方を渡しながら話し始めた。

「昔......っていっても、中学に入ってすぐくらいだから、二年半くらい前の事なんだけど......」


*****



続きを読む