SSまとめ倉庫

SSのまとめのアンテナ

モバP「またかそのキャラか……」

2017年01月08日

:  

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 20:03:30.47 ID:3NxKBB730

――事務所


まゆ「うふふ……Pさぁん、さっき智絵里ちゃんと2人で何のお話をしていたんですかぁ?」

P「明日の打ち合わせの話しだよ」

まゆ「本当ですか? それにしては智絵里ちゃん、会議室から出てきたときは不自然なほど嬉しそうにしていましたけど」

P「そうか? 俺には特にいつもと変わりなく見えたが……」

まゆ「……本当は智絵里ちゃんとどんなお話をしていたんですかぁ?」ハイライトオフ

P「……」

まゆ「Pさぁん、まゆのお話し、ちゃんと聞いていますかぁ……?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1448881410

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 20:04:05.28 ID:3NxKBB730

P「……はぁ、あのさ、まゆ」

まゆ「なんですかぁ?」

P「その、なんだ……確かにまゆは世間一般でいうところのヤンデレキャラかもしれんが……正直……飽きた」

まゆ「えっ……」ハイライトオン

P「えっとな、確かにまゆのファンたちなら飽きたとか言わないと思う。たまのイベントでしかまゆの姿を直接見る機会もないしな、だけど……」

P「俺やちひろさんとかは……毎日まゆを事務所で見ていると、今みたいな反応をされても今更っていうか……ねえ?」

まゆ「えっ、えっ……?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 20:04:34.38 ID:3NxKBB730


ちひろ「そうですね……最初は『ヤバイ、プロデューサーさんの命が……』とか心配することもありましたけど」

ちひろ「毎日似たようなことをやられると、特別思うこともなくなっちゃいますね」

P「またかって思ってこっちも適当に返しちゃうようになりますからね」

まゆ「そ、そんなぁ……Pさん、まゆのこと飽きちゃったんですかぁ?」

P「いや、まゆに飽きたわけじゃないぞ? ただヤンデレ的な反応をされても……さいですかとしか言えなくなってきてな……」

P「それにヤンデレの定番である包丁による脅しも、まゆの包丁捌きは完璧に見切れるようになってまず当たらなくなったし」

まゆ「それじゃあまゆはどうしたら……」オロオロ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 20:05:09.10 ID:3NxKBB730


P「そうだなぁ、それじゃあキャラをちょっと変えてみればどうだ? 例えば……ヤンデレ分はある程度残しつつ、ちょっとポンコツ気味になってみるとか」

まゆ「ぽんこつ……ですか?」

P「そうだ。まゆは普段、俺と絡まないときはしっかりしているだろう? 他の子の面倒を見てくれたり」

まゆ「まゆはそういうつもりはありませんけど……」

P「でも輝子や、小さい子たちはまゆに世話してもらって助かってることもある。そんな面倒見の良いしっかりした子が……」

ちひろ「ヤンデレ的な側面もありつつ、どこか抜けた部分を見せる……イイですね」

続きを読む

関連のSS

15pt
【アイマス】P「こんなこと辞めてくれ!」響「うるさい!」【安価】
アナスタシア「Сириус」
13pt
【アイマス】美希「でこちゃんと倦怠期なの」
9pt
美希「でこちゃんと倦怠期なの」
5pt
【アイマス】P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」
15pt
P「新しいグッズのアイデアないかな?」春香「アイマ聖水なんてどうですか!」
8pt
【アイマス】律子「アナタのお悩み相談室!」まゆ「Q&A RADIOですよぉ」
64pt
律子「プロデューサー、今日もお願いします///」
55pt
【アイマス】P「俺と美希は喧嘩が絶えない」
38pt
P「俺と美希は喧嘩が絶えない」
【R-18】栗原ネネ「温泉旅館で」相葉夕美「リラックス」【デレマス】
35pt
【アイマス】P「アイドル達に言われたいセリフ」
36pt
P「アイドル達に言われたいセリフ」
13pt
【アイマス】P「貴音、美希、伊織、やよいが乗った車内で誰かが屁をこいた」
【SS】「北上麗花は二度刺す」
10pt
春香「は~は、春香の ハーハ ハルカノ」
13pt
【アイマス】春香「は~は、春香の ハーハ ハルカノ」
78pt
P「相手の名前を呼ばずに会話をしてみるとどうなるか」
40pt
【アイマス】P「相手の名前を呼ばずに会話をしてみるとどうなるか」
20pt
【アイマス】P「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ響ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」