王「や、やきゅー……?」勇者「はい、野球です」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/07(土) 13:50:15.25 ID:zMfdCQrro

王「そ、その野球とやらは、いったいなんなのじゃ?」

勇者「球技です」

王「......すまぬ勇者。その、球技についても」

勇者「ボールを使ったスポーツです」

王「すまぬスポーツもボールもまったくわからぬ!!」

勇者「わかりました。順を追って説明しましょう」

王「うむ、その前にな」

勇者「?」

王「それが魔王討伐の旅にどのような影響が」

勇者「それはお聞きいただければわかります。少しお時間を」

王「ほ、ほお......」

勇者「スポーツというのは、人間の身体技能を使った遊びになります。走ったり、跳んだり、投げたり、という動きなどのことですね」

王「ふむ、以前城で行った剣技大会みたいなものか?」

勇者「そのような感覚ですね。剣ひとつでも、相手を倒すことを第一の目的としたり、反対に一人だけで剣を振って、その型の美しさを競ったりなど、様々な側面から楽しむことができますよね」

勇者「野球は『ボール』という球体を投げ、それを人間の半身の長さほどの棒、『バット』で打ち返す。この動作が流れの軸となるスポーツになります」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/07(土) 13:50:57.63 ID:zMfdCQrro

王「......すまぬ」

勇者「いえ、わかりませんよね。では僧侶、あれを」

僧侶「は......」

王「......勇者よ、僧侶もその野球とやらをよく」

勇者「知りませんね。私が先ほど思いついた競技ですから」

王「なのになぜあれだけ......」

僧侶「王、これを」

王「あ、ああ......これか、バットとボールは。......ん?」

勇者「はい。こちらの赤い縫い目がついている球、これがボールになります。大体私がここに戻るときに使用した『帰還のオーブ』と同じサイズですね」

王「ちょ、ちょっと、勇者よ?」

勇者「なんでしょうか」

王「これ、帰還のオーブではないのか?」

勇者「違います」

王「答えるのがやけに早くないか?」

勇者「普通です」

続きを読む