絵里「モーニングコーヒー」


1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 20:58:23.64 ID:T+vAsNoB.net

耳元に寝息を感じて、私は眼を覚ました。

目を擦りながら、時計をのぞき込むと7時。

布団に潜ったまま部屋を見渡す。

いつもと何ら変わらない自分の部屋。

唯一つ。

いつもと違うのは

隣でクークーと可愛い寝息を立ててる人物の存在。



2: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 21:00:48.74 ID:T+vAsNoB.net

昨日......

あー、今思い返すと恥ずかしい。

バサッ

恥ずかしさを紛らわすかのように頭から布団を被った。

「クークー......」

ヒョコっと顔を出し、隣で寝てる人物の顔を覗きこんだ。

胸元が少し開けたパジャマ姿。

軽く寝癖が付いた髪も、寝息を立てる口元も

表現できないような可愛さ。

ずっと見ていたい。


6: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 21:03:54.50 ID:T+vAsNoB.net

海未「あ......絵里、おはようございます」

ジッと見つめてた視線で気付いたのか、海未は眼を覚ました。

絵里「あ、ゴメン起こしちゃった?」

海未「いえ」

海未「不思議ですね」

絵里「うん?」

海未「起きたら、隣に絵里が居るなんて」

ニヤけそうになるのを必死で堪える。

ダメだ、まだ笑うな。堪えるんだ。


8: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2017/01/07(土) 21:07:28.02 ID:T+vAsNoB.net

絵里「私もね」

海未「はい?」

絵里「海未の可愛い寝顔が見られて嬉しかったわよ」

海未「あぅ///」

絵里「ふふ。コーヒー淹れるけど海未も飲む?」

海未「はい、頂きます」

海未「あっ、手伝いましょうか?」

絵里「良いの良いの。すぐだから、海未はゆっくりしてて」

海未「はい」

亜里沙はコーヒー飲まないから、2人分のコーヒーを準備するなんて珍しいのよね。

二人分......

絵里「えへへ///」

海未「?」

絵里「な、何でもないのよ///」


続きを読む